親 入院 お見舞い 頻度

親が入院した時のお見舞い頻度/どれくらいの間隔で行けば良いの?

スポンサーリンク

 

親が入院するのは今後の治療や経過など、周囲が様々な不安を抱えることが少なくありません。
だからといって毎日お見舞いをするには、治療に励んでいる本人を鼓舞する効果もありますが、ほかの患者さんへの迷惑も鑑みて、訪れる頻度を考えてるべきです。

 

 

【入院部屋によってお見舞いの頻度は変化する】

 

のことが心配で、毎日でも顔を見せたいという人は少なくありません。
これからの治療がうまくいくように願うのと、少しでも前向きに日々を過ごしてもらいたいという意識が働くはず。
それが自分を育ててくれた偉大な親の存在です。

 

 

入院部屋を確認すると、お見舞いをコンスタントにしても迷惑にならないかが判断できます。
毎日のように声をかけ、少しでも状況が好転するような兆しが見えてくると、お見舞いに通って良かったという気持ちが芽生えます。
ただし、置かれている状況を鑑みて入院中に伺う頻度を判断しなければなりません。

 

 

【短時間でもこまめに見たいのが子供の心理】

 

自分を大切にしてくれた親ですから、病を患って入院しているのであれば、少しでも元気な気持ちになってもらいたいという願いを抱きます。
ですから、短時間でも良いのでこまめに顔を出してあげたいという気持ちになるはずです。

 

 

じっくりと話し込むというよりは、日々の変化をお互いに交わし合い、これからの気持ちを鼓舞する働きかけを行うことが、家族にできる親への応援になるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【容体に合わせた対応をすべき】

 

いくら親のことが心配であっても、入院先の状況を考えて行動を起こすべき。
面会時間前に訪れるなど、規定に反する行動は慎みましょう。
皆さんルールを守ってお見舞いをしているでしょうから、そこから逸脱するのはルール違反です。

 

 

お見舞いの頻度を増やしたいというのであれば、相手の気持ちも確かめておきましょう。
サプライズは驚きのある展開が期待できますが、それが負担に思うような時には、簡単なお見舞いで済ませるという計らいも重要です。

 

 

【まとめ】

 

親が入院した時にどれくらいの頻度で伺うかは、本人の体調も加味して判断すべき。
毎日でも良いので高頻度で面会したいというのであれば、それが許される環境であるかも見極めなければなりません。
それによって対応を柔軟に変えることが、適切な頻度で面会に行くという状況を作ります。

 

スポンサーリンク