従業員 入院 見舞金 相場

従業員が入院した時に支払われる見舞金の相場

スポンサーリンク

 

従業員が入院した時には、会社からも見舞金が発生することが多いはず。
社則で規定がある場合には、その金額が支給されます。
でも、それぞれに相場が決まっているので、どのような規定が成されているかを確認するべきです。

 

 

【社則の確認から始めるべき】

 

従業員が入院した際に支払われる見舞金は、社則を確認することで把握ができるはず。
服務についても掲載されており、どのような配慮が行われるかが把握可能です。

 

 

もしも入院の予定がある場合には、こうした条件を今一度チェックしましょう。
自分で申請しなければ見舞金が発生しないというケースも少なくありません。
損をする前にきちんと規定を読み直し、入院した時の対応を把握しましょう。

 

 

【見舞金の相場と支払いスタイル】

 

社則に従業員が入院した場合の見舞金支払いの規定が成されている場合には、どのタイミングで見舞金が支払われるかも把握できるでしょう。
その相場は企業の考えが反映されていますが、一般的には5千円や1万円という規定が成されているはずです。

 

 

従業員が退院後も職務に就いてくれるという条件で見舞金を支払う会社も増えています。
入院中ではなく、この先も戦力として機能することを前提に考えているからではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

【従業員への配慮は相場と比較すべき】

 

従業員が入院し、その後見舞金が支払われるという規定がある場合には、それは職員の義務として見舞金を申請するべきです。
相場は会社や地域によっても異なりますが、5千円から1万円くらいが最も多い金額です。

 

 

どれだけあっても必要なものであることは間違いないので、周囲の相場を把握しながら、従業員への還元として入院した時でも生活に困らない状況をイメージしなければなりません。

 

 

【まとめ】

 

従業員が入院した時にも支払われるお金の規定が社則として存在するのであれば、まずは申請の手続きを調べましょう。
相場は5千円や1万円といった金額であることが多いのですが、本人にとってはありがたい心遣いに感じられるでしょう。

 

スポンサーリンク