お見舞い金 退院後 渡す

お見舞い金を退院後に渡す時のマナー/治ってからでもいいの?

スポンサーリンク

 

入院中にお見舞いができず、退院後に会うことができる場合には、お見舞い金を渡すマナーを心得ましょう。

 

相手が受け取らないという場合でも、失礼のないような段取りを知っておくべきです。
それが末永い付き合いにも繋がります。

 

 

【入院中のお見舞いは必須ではない】

 

入院中にお見舞いをするのは必須ではありません。

 

むしろ、相手が気を遣わなければならないことを考えると、退院後にお見舞い金を持って行くくらいの考えであることも必要です。
相手の病気が何かをわかっているのであれば、あえて入院中に伺うのを避けるべきこともあるでしょう。

 

 

退院後にお見舞い金を持って行くのであれば、相手の体調を伺ってから訪問を検討しましょう。
電話などのやり取りで体調を伺って、わざわざ顔を観に行くのではなくお見舞い金を郵送で渡すということでも構いません。

 

 

【相手のことを考えた行動が必要】

 

いくら相手のことが心配でも、必ずしも入院中にお見舞い金を渡すというだけが誠意ではありません。
退院後に何かをするという行動でも、相手にとっては思いを伝えられます。

 

 

お見舞い金も失礼にならない金額を用意するのがマナー。
何人かで渡すという時には、お返しをしなければならない相手のことも考えて行動しましょう。
必ずしも何かをしなければならないということではないという考えを持つと、過度な負担をかけずに行動できます。

 

スポンサーリンク

 

【お見舞い金の金額】

 

退院後にお見舞い金を渡すのであれば、「祝ご全快」や「祝ご退院」などを記載して、ささやかな金額を包むのがマナーです。
金額は5千円や1万円くらいが相場です。
逆に大金を包み過ぎて、相手に負担をかけないようにしましょう。

 

 

お金を渡すのではなく、相手の好きそうなものを渡すのも良いでしょうが、もらった人のことを考えて負担にならないようなものを考えましょう。
一番はものを渡すことではなく、心配りをすることが重要です。

 

 

【まとめ】

 

お見舞い金は入院中に渡すことができないのであれば、退院後にすることも想定しましょう。
でも、何かを持って行くだけが全てではなく、気遣っているということを退院後に表現することも重要なのです。
貰った相手のことを考えて行動するようにしましょう。

 

スポンサーリンク