お見舞い いつ 渡す タイミング マナー

お見舞いのベストタイミングはいつ?渡す時、品などのマナー

スポンサーリンク

 

お見舞いには様々なマナーやルールがあるので、知っておくことが大切です。
お見舞いにいつ行くのかやお見舞い金を渡すときにもマナーがあります。

 

必ずお見舞いに行く前に家族や本人の了解を得てから行くのがマナーでしょう。
また手術後1週間以内は遠慮するようにしましょう。

 

いつでもいいと言ってもらえても、控えた方が良いときもあります。
内科的な病気の時や、伝染病など見舞い客自身も被害が起きる可能性があるときは控えたほうが良いでしょう。

 

また病人が小さな子どもの場合も控えるべきです。
いつ行けるのかしっかりと判断することが大切になります。

 

また面会時間内に見舞うようにしなければなりません。
15分から20分程度で切り上げるようにしなければ、患者さんに負担がかかってしまいます。

 

本人がいないときには、お見舞いの品を預けて渡すようにしましょう。
渡すベストタイミングは人によっても異なりますがお見舞いしてからすぐに渡してしまってかまいません。

 

また見舞いの席では、病状をしつこく聞かないのがマナーになります。
マイナス言葉なども避けましょう。

 

スポンサーリンク

 

お見舞いに何度も行くとき、いつでもお見舞いを持っていき渡す必要はありません。

 

しかし患者さんに喜んでもらえるように、新鮮な花の小さな花束を渡すのも素敵でしょう。
お見舞いの贈り物は、先方が必要としているものを渡すようにしましょう。

 

自分も体調が悪かったり、遠方で見舞えないときは自宅または入院中の病院に手紙を出すと良いでしょう。
手紙は希望のある内容で元気が出るように書くと喜んでもらえるでしょう。

 

また花を宅配で渡すことも出来ます。
いつ行けるのか予定が立たない方にも宅配のサービスはおすすめです。

 

見舞うときのマナーとして、会社で渡す場合には連名にしても良いですが、目上の人に現金を渡すと失礼になることもあるので、気をつけましょう。

 

迷うときは品物にするのが良いでしょう。
花や果物が一般的です。

 

清楚な服を心がけて、香水などはつけないようにしましょう。
またヒールの音にも気をつける必要があります。

 

いつ行くのかや服装などのマナーをしっかりと守りましょう。

 

スポンサーリンク