マナー お見舞い のし袋

お見舞いに「のし袋」を使用するときのマナーについて

スポンサーリンク

 

お見舞いにのし袋を使用することがあります。
お見舞いといっても、病気や災害など種類があります。

 

病気のお見舞いでのし袋を使用するときのマナーについて説明します。

 

のし袋に名前をなどをかくときは、毛筆で書くのが一番良いですが、ペンを使用することもできます。
ただし、使用するのは、筆ペンや太めのフェルトペンが良いです。

 

ボールペンの使用は避けるのがマナーです。
表書きには、名目と名前を書きます。

 

病気や災害などいろいろなお見舞いがありますが、名目には「お見舞い」や「御見舞」で大丈夫です。
名目の下には、名前を記入します。
名目よりも小さく名前を書きます。
名字だけでも大丈夫です。

 

何人かでお見舞いを贈ることもあります。
その場合は連名で記入しますが、3人までがマナーです。
右から歳が上の人の名前を記入します。

 

友人同士の場合は、五十音順で記入します。
3人以上で贈るときは、代表者の名前を記入し、左側に「外一同」と書きます。

 

代表者以外の名前は、中包みに記入します。
名前の記入にはこのようなマナーがあります。

 

スポンサーリンク

 

裏書きにも書き方のマナーがあります。
裏書きは、中包みがある場合とない場合で違います。

 

中包みがあるときは、表の中央に金額を記入します。
裏の左下に住所と名前を記入します。

 

のし袋によっては、金額、住所、名前を記入できる欄があるものもあります。
中包みがないのし袋の場合は、外袋の裏の左下に住所と金額を記入します。
中包みは、地域によっては使用しなこともあり、のし袋の種類などにもマナーなどがあります。

 

一般的に病気のお見舞いには、紅白の結びきりの水引が使われたものを使用することが多いです。
人によっては、紅白の水引がふさわしくなという考えの人もいます。
なので、白いシンプルなのし袋を使用することもできます。

 

また、熨斗の有り無しでも意見が分かれることがあります。
中に入れるお札は、新札でなくてもいいですが、なるべくきれいなものの方が良いです。

 

お見舞いののし袋のマナーにはこのようなものがあります。
金額など、地域によって違うことも多いので、回りの人と確認してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク