お見舞い マナー お金

お見舞いの時のお金の包み方とマナー

スポンサーリンク

 

お見舞いというものは、頻繁にあることではないのでマナーがよく分からないことがほとんどです。
失礼にならないようによくマナーを理解して伺うようにしたいものです。

 

お見舞いは、相手と自分の関係性にも大切です。
会社関係の場合は、ある程度申し伝えがあるのでそれに従って行動しましょう。

 

1人で行くのは避けて必ず同伴者を伴っていくこともマナーの一つです。
一番悩むのは、親類や配偶者の親族、友人関係などです。

 

何より、入院している方の情報をしっかりと確認することです。
ご家族に、お見舞いに行ってもよいのかどうかを聞いてから伺うようにしましょう。

 

病状がおもわしくなかったりご本人が顔を合わせたくないなどのほかにも、大人数で行ったり子供を連れて行ったり、入院期間が短期である場合には遠慮しましょう。

 

お見舞いには、見舞金のお金が必要になります。
お金は一般的な相場を調べて包むようにするものですが、地域やつながりの深さによってもそれぞれの価値観もあるので、周りと相談して決めるほうが安心です。

 

スポンサーリンク

 

お見舞金のお金のマナーとしての金額は、親・兄弟・祖父母・孫・親戚ですと五千〜一万くらいが妥当です。
相場はあくまで相場ですので、一緒に行く方がある場合は、相談して同額にすることも必要なことです。

 

お見舞いに品物やお花を持っていくケースもありますが、これもケースバイケースで病状や病室の様子が大事ですので、ご家族の方にあらかじめ確認しましょう。

 

目上の方にお金を包むのはタブーとされているのですが、品物が思いつかない場合は、ギフト券や商品券を包むとよいでしょう。
包むお金は、4・6・9の数字はいけません。
4は死、6は無、9は苦を連想させるためです。

 

お金を包む場合は、祝儀袋を使いますが、熨斗は病気が二度と訪れないようにと結び切を選びます。
お見舞いや御見舞いと書き、新札である必要はありません。

 

お見舞い相手のことを良く分かっているのであれば、愛読書などを持っていくことも喜ばれるものです。
あくまで、患者さんの状態を理解したうえでの品物です。

 

お見舞いのマナーは大切ですが、一番は気持ちです。
お金を包んでもらえれば嬉しいのは当たり前ですが、自分のことを気にかけてくれていると分かるだけでありがたいものです。

 

マナーを守って恥をかかないよう行動しましょう。

 

スポンサーリンク