お見舞い 郵送 品物

お見舞いの品物を郵送する時のマナー

スポンサーリンク

 

入院しているのが友人であっても会社関係者であっても、お見舞いを渡す際は気遣いが常に必要です。
病気や怪我で入院が長引いている場合、お見舞いに行くのも少し躊躇いが生じますし、家族などへの配慮も必要になってきます。

 

そのため、お見舞いというのは相手への思いやりや配慮というものが最優先になるので、形式的なことではなく自分のこととして置き換えた時にどう思うのかという部分を重点的に考えて行動するようにしてください。

 

多くの人がお見舞いへ行く前に本人か家族に了承を得るのが一般的ですが、どちらにもなかなか連絡がつかないので行きにくいという場合もあります。

 

そのような時はお見舞いの品物を病院もしくは自宅へ郵送することもマナー違反ではなく大事なことなので覚えておくようにしてください。
また、品物だけではなく郵送する際はきちんとお見舞いの手紙を添えるようにしてください。

 

大人の対応をすることが重要なので、最後まで思いやりに溢れた対応をしてください。

 

スポンサーリンク

 

次に、郵送する品物はどのようなものがいいか迷いますが、持参するのであれば果物などが良いですが、郵送となると生物はあまり良くないので、お菓子や本などの品物を郵送すると喜ばれます。
基本的に相手の好きなものや興味のあるものを郵送するようにしてください。

 

もし、趣味などがわからないという場合は無難にお菓子を送るともし本人が食べられなくとも家族が食べることもできるので、気軽な品物として重宝されています。

 

また、多くの人が品物で思い浮かぶのは花ですが、生花を送ることはマナー違反ではありませんが自宅でも病院でも送ることは避けた方が良いです。

 

理由としては花言葉などで不吉なものも多く、知らずに送る可能性があること、香りが強いことが挙げられます。
病院によっては生花を禁止しているところもあります。

 

何か物ではなくお金を送る際は、必ず現金書留で送るようにして送る際はきちんと連絡をしておくようにすると家族の方などが驚きません。

 

スポンサーリンク