お見舞い マナー お札 向き

お見舞いマナー「お札の向きについて」

スポンサーリンク

 

親戚が入院したり会社の人が入院した場合に、お見舞いの時に一緒にお見舞い金を持参することが多くあります。
その際にお札の向きはどうしたら良いのか、マナーはどのような決まりがあるのかという部分を知らない人は案外たくさんいます。

 

そのため、お見舞い金を持参した際のマナーをしっかりと理解して、実際にそのような場面になった際に困らないようにしてください。
まず、お見舞い金の金額相場ですが、基本的には気持ちがあればいくらでも良いとされています。

 

入院している相手との関係性の深さによって決めることが第一で、同僚などであれば数千円でも間違いではありません。
親戚などであれば一万円程度包むのがマナーとされています。

 

この時、四や六が関連する金額相場を包むのは縁起が良くないとされているので、避けることがマナーです。
お見舞い金を包む時のマナーですが、一番悩むのはお札の向きです。

 

また、お札は新札の方が良いのかという部分も気になる人はたくさんいます。

 

スポンサーリンク

 

まず、お見舞い金は当然そのままお札を渡すわけではなく、袋に入れて渡すのがマナーですが、袋の種類は病がもう訪れないようにと願いを込めて紅白の結び切りを使用します。
もしくは、真っ白な封筒でも良いです。

 

そして、お札の向きですが実際には向きなどの決まりは存在していません。
一般的な話で、お札の肖像がある方を表向きにして入れると良いとされています。

 

向きの他にも新札が良いのかどうかという部分も決まりはないので、財布の中にあるものをそのまま包んでも何ら問題はありませんが、あまりにもシワシワのものを利用することは失礼にあたるのでやめましょう。
また、新札しかない場合は葬儀の時と同じように一度折り目をつけてから包むと急な出来事に対応しているという意味合いが込められますので良いです。

 

こうした不幸ごとは予め予想していたと受け取れるような行動は避けます。
そのため、新札を使用する方が良くないとされているので、その点を注意しながら包むようにしてください。

 

【まとめ】
・お札の向きに決まりはない
・一般的には肖像がある方を表向きに!
・ピン札を用意する必要はないがシワシワの札は避ける
・ピン札は折り目を入れる

 

これに気を付けていれば失礼にあたることはありませんので実施しましょう。

 

スポンサーリンク