お見舞い 金額 上司

上司の入院のお見舞い金額について

スポンサーリンク

 

会社の上司が入院した場合、お見舞いに行く人が多いですが、その際にお見舞いの金額がわからないという人の方が多いです。
会社の上司になるので失礼のないような金額を包まなくてはいけないと考えられますが、どの程度の金額が相場なのかをまずは知る必要があります。

 

まず、お見舞いに行く際に個人で行くべきか数人で行くべきかを考えます。
どちらになるかでお見舞いに持っていく金額が変わってきます。

 

上司のお見舞いをみんなでしたいという気持ちもありますが、上司の病状によっては個人で行く方が良い場合もあるので、あらかじめお見舞いに行く際には上司にことわってから行くようにしてください。

 

突然行くのは失礼にあたるので、気をつけます。
もし、上司に連絡がつかない場合は家族におうかがいすることも間違いではありませんので、事前連絡はとても重要だと覚えておきます。

 

また、性別によっても個人で行くべきか数人で行くべきかがわかれるのでポイントとして覚えておきます。

 

スポンサーリンク

 

一般的に王道のパターンは会社のみんなを代表して一人で行くということが多いですが、これは入院している人の一つ下くらいの人がちょうど良いです。

 

そして、金額相場は、3,000円から10,000円といったところです。

 

ただ、個人で行く場合はあまり金銭を包まない方が良いという考え方もあります。
会社の代表者として持っていくのは良いので、その場合金額は不吉な数字と考えられている4や6などは避けるようにしてください。

 

この点を注意して、会社のみんなでいくらずつ出し合うかを相談してお金を募るのというのはマナーとして大丈夫です。
また、何か品物を持っていく場合はできるだけ生花は避けます。

 

生菓子ではなく、日持ちのするお菓子などであれば退院してからでも食べられますし、慌てさせることもないのでとても喜ばれす。
基本的にお見舞いというのは相手への配慮や思いやりが最も重要なので、心配している気持ちが伝わればそれで十分だとも言えます。

 

スポンサーリンク