お見舞い 金額 相場 兄弟

お見舞いの金額相場、兄弟が相手のときは?

スポンサーリンク

 

親しい相手が急に入院して、お見舞いに行く必要が生じた、というのは珍しい話ではありません。
普段から健康に気を遣っている人でも病気になることはあるし、突発的な事故に見舞われる、というのもよくある話だからです。

 

お見舞いに行く際に、金銭を工面して相手に渡す、というのもよくある話の一つです。
しかし、その金額に関する相場を把握している人は、実はあまりいません。
たいていの人が漠然と把握しているような気分でいて、いざというときに慌てる傾向にあります。

 

では、お見舞いの金の金額相場とは一体どうなっているのかと言いますと、親兄弟や祖父母といった親族が相手でも、五千円から一万円とされています。

 

困っている兄弟を助けるのに、その程度の金額で足りるのかと考える人が少なくありませんが、お見舞い金はあくまで気持ちを表すものなので、そんなに大きな額を用意する必要はないのです。

 

どんなものにも相場があるというのを、認めることから始めましょう。

 

スポンサーリンク

 

兄弟にお見舞い金を渡しに行くと言えば、その気楽さもあっていつでもよいのだろうと考えてしまう人がたくさんいます。
しかし、入院先には兄弟だけではなく、他の患者や病院関係者もいます。

 

そのため、基本的には面会が認められている時間にのみ顔を出すようにしましょう。
これは金額相場以上に気を向ける必要がある話です。

 

このとき、長居するのも控える必要があります。
これは入院が必要になるほど身体の具合を悪くした相手への気遣いです。

 

そのため、お見舞い金を最初に渡し、数分間ほど話をしたら、その場から離れるようにしましょう。
兄弟の方から金銭は不要だと通告された場合は、相手が好きな物品で気持ちを表現しましょう。

 

このときの金額相場は、通常の入院お見舞い金と同じにしましょう。
相手からリクエストがあれば何でも構いませんが、縁起の悪いものは基本的に避ける必要があります。

 

どのような物事にも相場と呼べるものがあります。
金額に上限を設けることによって、トラブルを避けているのです。
相手が兄弟でもそこを踏まえて接するようにしましょう。

 

スポンサーリンク