お見舞い 書き方 連名

お見舞いにのし袋を使用するときの名目や連名などの書き方など

スポンサーリンク

 

お見舞いでのし袋を使用するときには、いくつかのルールやマナーがあります。
お見舞いと一言で言っても、病気の時もあれば、災害の時や、火事の時もあります。

 

主に病気のお見舞いの時ののし袋の書き方などについて説明します。
のし袋に記入するときは、毛筆を使用するのが良いですが、ペンを使用することもできます。

 

ペンは、筆ペンか太めのフェルトペンが良いです。
ボールペンを使用することは避けます。

 

のし袋の表書きの書き方は、名目と名前を記入します。
名目の書き方は、お見舞いの内容によって変わります。

 

災害見舞いや出火見舞いなどの書き方がありますが、「お見舞い」や「御見舞」で大丈夫です。

 

名目の下には名前を記入します。
名前の書き方は、名目の字よりも小さく書きます。
名字だけの記入でも大丈夫です。

 

複数の人で贈る時は、連名で記入します。
連名は3人までにするのがマナーです。
連名で記入するときに、名字や名前を書く位置を揃えるときれいに見えます。

 

スポンサーリンク

 

連名の記入は、3人までですが、それ以上の人数の時は連名での記入はせずに、代表者の名前を記入します。

 

代表者の名前の左側に「外一同」と記入します。
全員の名前は、別の用紙に記入し同封します。

 

会社から贈るときも同じようにします。
裏書きは、中包みがある場合と、ない場合で違います。

 

中包みがあるときは、表の中央に金額を記入します。
中包みの裏の左下に住所と名前を記入します。

 

中包みがないときは、外袋の裏の左下に住所と金額を記入します。
使用するのし袋などは、地域によって違うこともあります。

 

中包みを使用しない地域があるため、中包みがないのし袋も販売されています。

 

一般的には、お見舞いには紅白の結びきりののし袋を使用するとされています。
ですが、紅白ののし袋に抵抗がある場合は、白いシンプルなのし袋でも大丈夫です。

 

入れるお札は、新札でなくても大丈夫ですが、できるだけきれいなものを入れます。
このように、名目や連名には書き方がありますが、地域によって違うこともあるので、確認しておくといいです。

 

スポンサーリンク