お見舞い いつ 渡す タイミング

お見舞い金や品はいつ渡す?「タイミング」が重要/すぐ?最後に?

スポンサーリンク

 

親しい方や身内など、また仕事関係の上司部下など、お見舞いする機会は、突然くるものです。
怪我や病気、またはその手術など様々な場合がありますが、ここではお見舞いの基本的なことをお伝えしてまいります。

 

まず考えるのは「いつ伺えば良いか」ということ。

 

もし、怪我や病気で手術が必要な時は、ご家族の方などに様子を伺って、慌てて行かず、少し落ち着いた頃にお見舞いしましょう。
いつ頃が良いかは、その方やご家族のご都合で決めるべきです。

 

タイミングを間違えると、相手にとって負担になりかえって失礼になることもあります。
具合が悪くて療養しているので、それ以上の負担は掛けないようにしましょう。

 

お見舞いのタイミングは、デリケートなものと知っておきましょう。
お電話でいつ頃伺っても良いか、体調の様子など確認できると良いですね。

 

一番に考えるのは、自分の事情ではなく、大切な方の体調と気持ちの状態です。
押し付けるものではなく、あくまで相手主体で考えてください。

 

スポンサーリンク

 

そして、伺える時が来たなら、気になるのはお見舞いの品やお金をいつ渡すかというタイミングも重要です。
それは、できれば伺って「すぐ」に渡すよう心がけましょう。

 

ご家族がいらっしゃれば、ご家族にそっと。
ご本人しかいらっしゃなければご本人に。
そこは臨機応変に様子をみて渡すと良いです。

 

タイミングを逃すと渡し辛くなるものです。
相手の方は、お見舞いに来られたなら、多少期待して待っておられます。
対応にも困るので、渡すタイミングは、早めが良いと思ってください。

 

その後に許されるなら、相手の状態や気分などを聞いてあげましょう。
いつお見舞いを渡して、いつ渡すかは、タイミングが重要と知っておきましょう。

 

心配する気持ちがあっても、タイミングを逃してしまっては、せっかくの思いが伝わらないと残念です。
あなたも忙しいなか駆けつけるのですから、気持ちをしっかりと伝えて、少しでも相手の気持ちも楽にしてあげましょう。

 

ただお見舞い品を渡すということでなく、相手の身になって、考えてあげることが重要です。
そうすればきっと気持ちは伝わります。

 

スポンサーリンク