お見舞い 封筒 コンビニ

お見舞い金などを入れる封筒はコンビニで買える!

スポンサーリンク

 

入院している人や災害などにあった人にお見舞いに行くときは相応のお見舞いの品を持っていくべきです。

 

しかし、こうしたお見舞いをすると気に持っていくものは何が正解かはわかりづらく、結局は適当な花などになってしまいます。
入院や災害にあった人ならばわかりますが、こうした困っているときに花をもらってもありがた迷惑です。

 

入院中は切花をもらうと割りと心が安らぎますが、重い病気のときはほとんど意味がないですし、被災しているときにもらっても処理に困ります。

 

そんなときは現金、あるいは商品券やクオカードを送ると確実に喜ばれるでしょう。
お金は何にでも使うことができ、もらって嫌がる人は皆無です。

 

現金をそのまま渡すのに抵抗があると気に便利なのが商品券やクオカードといえます。
こうしたものはそのままではなく、封筒に入れることになりますが、これはコンビニで買ったもので十分といえるでしょう。

 

あわてて祝儀袋などを取り扱っている店に行く必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

コンビニの封筒は祝儀袋なども取り揃えているところが多いですが、ただの白い封筒でも十分使えます。
ただ、あまり見ないものですが真っ黒な封筒などはやめたほうがいいでしょう。

 

コンビニにおいてあるものはいずれも冠婚葬祭で使用できるものなので、白い封筒などで統一されているので安心して利用できます。
急ぎの場合などはコンビニで封筒を用意し、財布からお金を移して、裏に金額と名前を書いておけばもう大丈夫です。

 

お見舞い金の場合に気をつけるべき点は、封筒の裏に金額と名前を書いておくことにあります。
コンビニでペンなどを一緒に買っておくといいでしょう。

 

これはマナーというよりは、お見舞いに来た人が何をくれたのかを把握しやすくするためのものなので、確実に行うといいです。
コンビニでお見舞い用の封筒を確保するのはよくあることなので、気兼ねなくお見舞いを行うといいでしょう。

 

商品券やクオカードの場合でも同じで、しっかりと金額と券の種類を明記しておくと確実です。

 

スポンサーリンク