お見舞い 封筒 折り方

お見舞い渡す際の封筒の書き方や折り方

スポンサーリンク

 

社会人になると親戚の他にも友人や会社の人などのお見舞いに行く機会が多くなってきます。

 

お見舞いの際に多くの人がお見舞い金を持参しますが、その際に封筒の書き方や折り方のマナーについて知らない人もたくさんいるので、封筒の書き方や折り方に関して困らないようにきちんと把握しておくようにしてください。

 

まず、お見舞い金を包む封筒の書き方ですが、書く位置は上段の真ん中に縦書きで書きます。
お見舞いと書くのがわかりやすいですが、年配の方や目上の方には御見舞いと書く方が見栄えは良いです。

 

そして、下段に自分の名前を縦書きで書きます。
フルネームで筆ペンで書くと良いです。

 

そして、お見舞いの封筒の折り方ですが、実際的には封筒の折り方はこうでなくてはいけないという決まりはありません。

 

地域によって折り方の違いが出てくるのできちんとその地域の折り方をしたいのであれば両親や親戚に聞く方が確実なので、不安であれば聞くようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

一般的な封筒の折り方としては、相手への配慮やより早く快方に体調が向かうように願って折るという意味合いが強いので、その点を意識しながら折ります。

 

まず、上の折を内側にして折ります。
なので、下から見ると下を後ろから折っているような感じなので、イメージしやすいです。

 

そして、折る時の注意点としてはきちんとまっすぐ折ることです。
人に渡すものなのでだらしない印象を与えない為にも慎重に真っ直ぐ折るようにしてください。

 

この点をしっかりできる人だと特に目上の人からは良い目で見られるので、意識するようにしてください。

 

次に、現金を裏向きに揃えて入れるようにします。

 

そして中袋に住所と氏名、金額を全て縦書きで記入します。
この流れが一般的なものになるので、地域柄などがわからない場合はこの方法で行うようにすると相手に失礼のない対応ができるので良いです。

 

こうしたお見舞いというのは基本的に気持ちがしっかりとこもっていることが大切なので、その上でマナーを守るようにしてください。

 

スポンサーリンク