お見舞い 封筒 閉じ方

お見舞いを包む封筒の閉じ方について

スポンサーリンク

 

社会人にとって最低限のマナーを身につけることは大切です。

 

どんなに仕事が出来て有能な人でも、マナーがなっていなければ軽蔑されてしまいます。
どのようなシチュエーションでのお見舞いかによって、選ぶべき封筒や閉じ方は大きく異なります。

 

ではここからは一般常識として知っておきたいお見舞いの際の封筒の種類や閉じ方を見て行きましょう。

 

例えばお見舞いには、病気やケガをしてしまった人へのお見舞い、陣中見舞いや出産祝い、災害見舞いなどがあります。

 

まずは病気やケガで入院している人の病院にお見舞いに行く場合です。
この場合に用いるのは赤白の結び切りの水引きが付いたものです。

 

結び切りの封筒は「一度結んだらほどけない」という意味を持っているため、再び病気やケガで入院しないようにという気持ちを込めることが出来ます。

 

ここで注意すべきことは、熨斗を付けないことです。
熨斗を付けてしまうと「病気やケガの快復を引き伸ばす」という意味を持ってしまうのです。
また無難なものとしては、白で無地のものや左側に赤い帯が付いている封筒でも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

次は選挙などの陣中見舞いや出産祝いなどの際です。

 

この時には赤白の蝶結びになっている水引きがある封筒を選ぶのが常識です。
蝶結びは何度でも結び直すことが出来る結び方です。

 

出産というおめでたい場面では「幸せなことが繰り返す」という意味を持つ蝶結びの水引きが付いた封筒を選びましょう。
また、ここでは熨斗も付けると良いでしょう。

 

さらに災害見舞いなどの場合には水引きも熨斗もない封筒が無難です。

 

では、お見舞いの際にはどのような閉じ方をするのが適切でしょうか。
たかが閉じ方、されど閉じ方です。
基本は封筒の上側を内側にする閉じ方です。

 

つまり下側の紙が上になるように折るのです。
これは物事が下から上へと上がって行く意味を持っています。
すなわち早く快方に向かうようにという願いが込められているのです。

 

このような閉じ方は祝い事の場合も同様です。

 

おめでたいことの場合には、下の紙が受け皿になることで幸せが零れ落ちてしまわないようにという意味があります。
このようなことは「常識」として片付けてしまうことも出来ますが、相手に対して誠実な気持ちを伝える手段と捉えても良いでしょう。

 

スポンサーリンク