お見舞い 名前 ペン

お見舞いで「のし袋」の名前をペンなどで書くときのマナー

スポンサーリンク

 

のし袋を使用してお見舞いを渡すときは、いくつかのルールやマナーがあります。

 

お見舞いを渡すこと自体、経験があまりない人もたくさんいます。
のし袋に名前などを書くときは、ペンよりは、毛筆の方が良いです。

 

ですが、もちろんペンでも大丈夫です。
使用するペンは、筆ペンか、太めのフェルトペンが良いです。
ボールペンの使用は避けます。

 

のし袋には、表書きと裏書きがあります。
表書きには、名目と名前を書きます。

 

名目は、「お見舞い」や「御見舞い」と書きます。
お見舞いには、病気や災害、火事などがありますが、「お見舞い」の書き方で大丈夫です。

 

名目の下には、名前を書きます。
名目の字よりも小さい字で名前を書きます。

 

名字だけでも大丈夫です。
お見舞いは、個人からだけではなく、複数の人から送ることがあります。

 

そういった時は、連名で書きます。
3人までの名前を書くのがマナーです。
右から年上の人の名前を書きます。
友人同士の時は、五十音順で書きます。

 

スポンサーリンク

 

3人以上で渡すときは、代表者の名前を書きます。
その左側に「外一同」と書きます。
代表者以外の氏名は、中包みに書きます。

 

会社からの場合も同じように書きます。
裏書きは、のし袋に中包みがあるかどうかで違います。

 

中包みがあるときは、表に金額を記入します。
裏に住所と氏名を記入します。
中包みに金額などを書き込めるようになっているのし袋もあります。

 

中包みがないのし袋の場合は、外袋の裏に住所と金額を記入します。
中包みは、地域によって使用しないこともあり、中包みが入っていないのし袋が販売されています。
また、のし袋自体も、地域などによって使用する種類が違うことがあります。

 

紅白の水引があるのし袋を使用するのが一般的ですが、水引のないシンプルなものでも大丈夫です。
熨斗の有り無しや、金額などの考え方も地域や人によって違うことがあります。

 

このように、のし袋を使用してお見舞いを渡すときは、書き方やのし袋の種類などを前もって確認しおくことが大切です。

 

スポンサーリンク