お見舞い 郵送 品物

お見舞いの品物を郵送する時の注意点

スポンサーリンク

 

本来であれば、お見舞いに行くことが望ましいですがどうしてもお見舞いに行くことができないけれど、お見舞いの品物を届けたいという場合は郵送が良いです。
しかし、郵送でお見舞いの品物を送る際にはいくつか注意点があります。

 

まず、最も多いのがお見舞い金を送りたいという場合ですが、この時は必ず現金書留で郵送するようにしてください。
間違っても普通郵便で郵送しないようにします。
現金書留で郵送するともし発送事故などが起きたとしてもきちんと調査をしてもらえるので安心です。

 

次にお見舞いの品物としてはお菓子やタオルなど生活用品として使えるものや消耗品が良いです。
入院生活の中でタオルは絶対に使用するものですし、お菓子は食べてしまえば退院時の荷物にもならないので負担になりません。

 

基本的にはあまり高額な品物や利用頻度が低そうな品物は郵送しないようにしてください。
この点を気にかけて品物を選ぶようにすると後悔しないものを選べます。

 

スポンサーリンク

 

次に、マナーとして品物だけを送るのではなく、一筆でいいので手紙を添えると気持ちが伝わって良いです。
送ることに意味があるのではなく、相手への思いをきちんと伝えることに意味があるので、その点をしっかり理解しておきます。

 

手紙の内容なそんなにたくさんのことを書かなくて良いので、体調を心配しているという素直な気持ちを書くことが大切です。
また、病状を詳しく聞くとか頑張ってというような言葉は相手への負担になりかねないので避けるようにしてください。

 

あくまで相手の病状を心配しています程度のことで良いです。
また、送る際は病院に送っても良いのか自宅に送った方が良いのかという部分も非常に重要なことなので事前に連絡しておくようにしてください。

 

突然病院に送っても対応してもらえない場合もあるので、事前連絡もなかなか難しい時は自宅に送っておく方が無難です。
ただ、一人暮らしの人の場合は受け取りもできないので、その場合は電話の一本だけでも間違ってはいません。

 

スポンサーリンク