お見舞い金 新札 旧札

お見舞い金は新札と旧札のどちらを使うべき?

スポンサーリンク

 

お見舞い金は事故や病気で入院した場合や、災害などで大変な苦労をしているときに渡すものです。
一度こうした状況になった人にはわかりますが、本当に困ったときにもらって一番助かるのはお金といえます。

 

現代日本においてはお金があればたいていのことはでき、お見舞い金をもらうとそれだけですごく勇気付けられます。
そんなお見舞い金ですが、新札を使うのはいいことではなく、旧札を使ったほうがいいとされているのです。

 

これは、新札の場合はあらかじめ用意してあったように見える、という意味であり、旧札であれば急いで用意したように見えるという理由となっています。

 

そして一度でも災害にあった人ならばみんな思うことですが、それはたいしたことではない、どうでもいいことです。

 

家が大変なことになっているときにもらったお見舞い金が新札だったからと怒り出すような人はまずいませんし、いたとしたらかなりおかしな人といえます。
あまり気にしすぎることはなく、銀行で引き落とすときに窓口の人に頼む必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

お見舞い金に新札を使うということにこだわる人は若い人にはまずいませんが、お年寄りの方にはこだわる人がいます。
さすがに災害の時には見当たりませんが、病気で入院しているときのお見舞い金が新札だからとおこることはあるのです。

 

そうしたある程度余裕のある場合には新札ではなく旧札を用意したほうがいいでしょう。
銀行の窓口の人に言えばしっかりと旧札でそろえてもらえます。

 

そうして集めた旧札をお見舞金として渡せば年配の方も起こるようなことにはなりません。
こうした機会に備えて旧札を確保する必要はなく、銀行にいけばしっかりと対応してもらえます。

 

同じような理由で旧札が必要な人は多く、よく窓口で新札を旧札と交換している光景が見られるのです。
こうしたマナーはあまり有名ではなく、知らない人も多いですが、はっきりいってあまり意味のない部類のマナーといえます。

 

あまりこだわりすぎず、余裕のあるときにだけ気をつけるようにすれば大きなトラブルにはなりません。

 

スポンサーリンク