お見舞い金 退院後 渡す

お見舞金を退院後に渡すときのマナーとは!?

スポンサーリンク

 

知人や親類が病気や怪我などで入院した場合、お見舞いに行きお見舞い金を渡すととても喜ばれます。
入院は何かと物入りのため、お見舞い金がもらえるととても助かるのです。

 

しかし、お見舞いに行こうと思っているうちに退院されてしまった場合、どうしたらいいかわからないという人も少なくないでしょう。
退院後もお見舞い金を渡すべきなのか、のし袋の選び方や表書きの書き方など意外にわからないものです。

 

退院後にお見舞い金をもらうのも当然嬉しいものなので、渡すこと自体はいつでもかまいません。
しかし、退院後どれくらいたっているかでふさわしい品物やのしの種類、表書きの書き方は変わってきます。

 

退院後すぐから一ヶ月以内くらいなら、「退院祝い」という形で渡すのがよいでしょう。
お見舞い金としてお金でもよいですが、退院後は品物でも構わないとされています。

 

しかし、入院しているときの理由によっては、退院後生活に制限がかかっていることもあるので品物を贈るときは注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

例えば食事制限が必要な病気の場合、食べられない品物を渡すと相手を不快にさせてしまうこともあります。
そのため、相手の必要なものを尋ねてから品物を選ぶのがおすすめです。

 

お見舞い金の場合は、入院時に渡すときと同じ金額で問題ありません。
退院してから一ヶ月以上たち、すでに快方に向かいかなりよくなってきている場合には「回復祝い」という名目がよいでしょう。

 

逆に、自宅療養が続いているならば「お見舞い」という名目で問題ありません。
一ヶ月以上か否かで名目は変わってくると覚えておきましょう。

 

いずれの場合でも、使うのし袋は紅白の結びきり水引のついたものがふさわしいです。
退院祝いはめでたいことですが、入院は何度もあってほしいことではないので、結びきりの水引を用意します。

 

黒白は葬儀に関するときに使うのし袋なので、使わないよう注意しましょう。
品物を用意するときならば、百貨店などの店員に聞くと教えてくれるので、不安なときはそれも一つの手だと覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク