お見舞金 渡し方 袱紗

お見舞金の渡し方と包む袱紗について

スポンサーリンク

 

ご祝儀袋にしろ不祝儀袋にしろ、のし袋は袱紗に包んで持参するというのが、一般的なマナーとなります。
袱紗とは、絹やちりめん素材の四角い形の布のことです。

 

のし袋は袱紗に入れて持参し、バッグや懐から袱紗に包んだまま取り出し、相手の目の前で袱紗から出して、相手から見てのし袋が正面になるように渡すというのが、正しいのし袋の渡し方となります。

 

 前述しましたように、袱紗はもともとは四角い布でしたが、現在では使いやすい金封ふくさが主流となっています。
袱紗は、慶事用と弔事用とでは色が異なりますので注意が必要です。
そして、慶事用・弔事用に共通する色が紫色となります。
ゆえに、これから用意するという方は、紫色の金封ふくさを購入することをおすすめします。
また、お見舞金を包む場合には、慶事でも弔事でもありませんので、共通色である紫色が無難となります。

 

 入院お見舞金に関しても、のし袋をむき出しで持参するのは相手に対して礼を欠く行為となります。
のし袋を汚したり、余計な折り目がつくことなく手渡しするということが、お見舞金の渡し方のマナーとなります。

 

スポンサーリンク

 

 お見舞金を渡す場合には、「何がよいか迷いましたので、お見舞品の代わりに」などと一言添えて渡すのが、よりスマートなお見舞金の渡し方となります。
また、帰り際に袱紗を取り出して、「気持ちばかりなのですが、何かのお役に立てて下さい」などという言葉を添えて、ベッド横の台にお見舞金を置くという渡し方もベストとなります。

 

 前述しましたような渡し方であれば、相手の気遣いを軽減させることができる渡し方であり、相手が恐縮して受け取りづらいといったことを回避することができる方法となります。
言葉かけの際の注意点としては、「早くお元気になってくださいね」という言葉かけには、非常に個人差があります。
入院されている方の病名や症状、さらに相手の性格によってはタブーとなりますので注意しましょう。

 

 お見舞に行くタイミングに関しては、入退院の間際はNGとなります。
相手の状態が落ち着いて、回復に向かっている頃がベストなタイミングとなります。
また、滞在時間は長居はNGとなります。
療養中の相手に負担をかけないように、手短に済ませるようにしましょう。

 

同じ理由から、大人数でのお見舞いや小さい子供連れでのお見舞も基本的には避けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク