糖尿 お見舞い 品 手土産

糖尿病の人をお見舞いするときにオススメの手土産品

スポンサーリンク

 

糖尿病は、体内のインスリンが不足することで血糖値のコントロールがうまくできなくなる病気です。
治療の基本となるのは食事療法で、食べ物をコントロールするのが重要となってきます。

 

重度の糖尿病だと、入院治療が必要となることもあります。
入院しているときや、自宅療養しているところへお見舞いにいくとき、手土産品を持って行くという人も多いですが、糖尿病の場合は注意が必要です。

 

糖尿病の場合、基本的に食べ物を手土産品とするのはNGなことが多いです。

 

進行度合いにもよりますが、基本的に砂糖などを使った料理や、カロリーの高い美食とよばれるような食事はお見舞いの品として不向きです。

 

病気を悪化させる危険性が高く、もらっても食べられないため相手を不快にさせてしまうおそれがあります。
カロリーが低いものでも、お見舞いとしてもらった品はつい別腹で食べてしまいがちなため、カロリーや糖質のコントロールに支障を来します。

 

食べ物は手土産としては避けた方が無難です。

 

スポンサーリンク

 

糖尿病の場合、お見舞いにおすすめの手土産品は無糖のお茶やコーヒーなどです。
お茶やコーヒーは無難なようでいて、意外と好みがあるものなので、できたら相手の好みを聞いてから選ぶ方がよいでしょう。

 

もしわからないならば、様々な種類が入ったバラエティーギフトなどがおすすめです。
また、入院しているときのお見舞いには、雑誌や本などの暇つぶしができるものが手土産品としておすすめです。

 

糖尿病で入院しているときは暇な時間が少なくないので、本や雑誌などは喜ばれます。
なるべく深刻な内容ではなく、気軽に楽しめるものがおすすめです。

 

ただ、食べ物が多く出てくるような雑誌は目の毒となる可能性があるため避けた方がよいでしょう。
また、お見舞いとしては花などもおすすめの手土産です。

 

鉢植えは「寝付く」を連想させるためふさわしくないので注意しましょう。
かといってあまりに豪華なものも困らせることがあるので、手軽なアレンジメントなどがおすすめです。

 

スポンサーリンク