お見舞い 3000円 5000円 お返し

3000円から5000円のお見舞い金を戴いた場合のお返しを考えよう

スポンサーリンク

 

知り合いでも自分自身でも入院したとなれば、必ずお見舞いやお返しが必要になります。
知り合いの場合のお見舞いと言っても、関係性によってもずいぶん違うものです。

 

上司や部下、親類、友人など多様ですのでその都度考えなければいけません。
また、現金が良いのか品物が良いのか、その場合何が良いのかと悩んでしまうこともよくあります。

 

お見舞いの時期や伺ってもよいものかどうかなど、当事者のご家族などに確認をしてからお見舞いに伺うようにしましょう。
包む金額も悩みますが、これは相場というものがあります。

 

例えば、親・兄弟・祖父母・孫・親戚などの場合は5000円から10000円、知人・友人ですと3000円から5000円、仕事関係で有志で出すときは3000円、ご近所さんで3000円から5000円というような相場があります。

 

地域や関係性での相違もありますので周りの方と話し合われるのがベストです。
お見舞いを戴いたらお返しをしなくてはなりません。

 

スポンサーリンク

 

お見舞いのお返しは、ご自分が退院してから「快気祝い」として品物を送ります。
この時、「おかげさまで回復しました」という報告や感謝の気持ちをメッセージとして添えることも大事なことです。
単にお返しという感じになってしまわないように、心を込めてお返ししましょう。

 

一般的なお見舞い金は、3000円から1万円が相場でそのお返しは、半返しと言われています。

 

ですが、あまりこだわらず状況や関係性を重視してできることをしましょう。
例えば3000円を戴いた方には、1000円から1500円程度になりますので、日持ちのする焼き菓子であったりタオルや洗剤など使えるものが喜ばれます。

 

会社関係で有志によるお見舞いを渡したのであれば、特に必要ない場合もあります。
ハンカチ一枚づつでも十分なお返しになります。

 

5000円を戴いた場合は、半分の2500円ですのでバスタオル、ジュースやビール、コーヒーなどの飲料などを自宅に送ってもよいでしょう。
5000円ですとギフトカタログなどもよいでしょう。

 

目上の方とか相手の趣味嗜好を気にするのも大事なことですが、3000円でも5000円でも気持ちが込められていればよいのです。

 

スポンサーリンク