入院 見舞金 お返し

入院の見舞金へのお返し目安について

スポンサーリンク

 

からだの具合が悪くなって、病院での治療が余儀なくされると、状態によっては、入院が必要になります。
周囲の人からは、見舞金などを頂く事になり、体調が快方に向かうに連れて、お返しなどを考える機会もあります。

 

 入院して見舞金を頂くと、お返しを何にするか悩む場合もあります。
基本的な内容としては、入院の見舞金に対するお返しは、悪い事が食べてなくなる、洗い流せるなどに通じるものが適しています。
入院、体調が崩れるなどの悪い状況が無くなる様に、というゲンを担いだ意味に通じるものです。
ですので、一般的には、食べ物であったり、洗剤や石鹸の詰め合わせなどが選択範囲となります。

 

 入院をしていた訳ですので、見舞金のお返しを渡す、送付するという時期も、退院して1ヶ月以内には済ませるのが基本です。
可能であれば、やはり退院して1週間や10日くらいの間に品物を準備・手渡すなどが理想的です。
何よりも、受け取る側では、本人の元気な姿を見る、状況を知る事が、喜ばしい事に繋がるといえます。

 

スポンサーリンク

 

 入院した時に頂いた見舞金については、退院してからお返しを贈る事ができます。
療養期間が長引いている様な時には、お返しなどが気になる事もあります。
どうしても気になるという場合には、療養途中でお手紙を送付するなどで、多少現状を伝えたり、お礼を述べる事もできます。

 

 お返しの品物は、大体の目安金額として、頂いた見舞金の半額から1/3程度で設定する事ができます。
3,000円頂いた場合には、1,000円から1,500円が妥当な金額になります。
最近では、インターネットなどを利用すると、入院のお返し品として、金額に応じたものが種類も豊富に展示されています。
どうしても手渡しができない場合には、送付するなども可能な方法です。
店舗などから直接送付する場合、予め電話などを1本掛けて、お礼方々通知しておくと、先方にも参考になります。

 

 いずれにしても、入院していた人が全快したなどの報告は、相手にとっても吉報となります。
笑顔をもってお礼を述べるなども必要です。

 

スポンサーリンク