入院 見舞金 相場 会社

会社で入院した人への見舞金相場については、3、5、1です

スポンサーリンク

 

病気や怪我などで病院を利用する事がありますが、状態によっては入院の必要が生じる場合もあります。
会社などでは、見舞金を包むなどの準備をする場面もあります。

 

会社にいる人が入院した場合、周囲の人との関係性によって、見舞金を用意する事があります。
やはり気になるのは、金額としての相場であるといえます。

 

基本的な数字としては、3,000円、5,000円、10,000円などになります。
入院の見舞金で避けるべき数字などもあります。

 

4は、やはり死を連想する可能性があります。
6についても、無に繋がり、9は苦しむという意味に繋がるため、避けた方がよい数字として捉えられます。

 

相場としては、他にも100,000円ほどの見舞金を包むケースなどもあります。
しかし、かなり金額が高額であり、相手の社会的な高い立場、かなり深い関係性などが加味されているレアケースでもあります。

 

会社での付き合いとしての相場は、やはり上記の様に3、5、1が基本となります。

 

スポンサーリンク

 

会社の人が入院した時の見舞金の相場については、相手が上司という場合もあります。
上司の場合には、現金などを渡すのが失礼という認識をもつ人も見られます。

 

心配な様であれば、個人ではなく、ある程度会社の過去の慣例なども参考として周囲に尋ねて、複数での準備もできます。
場合によっては、見舞金を会社の人たちと複数で用意する場合もあります。

 

基本的な相場としては、入院の場合には一人あたり3,000円になります。
会社の人が入院した時の見舞金の相場については、3種類の金額になりますが、数字の選択基準は個人との間柄といえます。

 

余程深い間柄の場合には、5,000円、あるいは10,000円になりますが、通常の同僚や上司であれば、3,000円でも妥当といえます。

 

どうしても心配な様であれば、他の人、見舞金を渡す人たちとも歩調を合わせながら、数字を見積もる事もできます。
入院のお見舞いが主たる目的でもありますので、失礼がない程度と捉えておく事で、相手を見舞う気持ちがあれば十分です。

 

可能なら、手渡しの際に、本人の気になる話題などを盛り込んで会話をしてあげると、気分なども晴れる場面に繋がります。

 

スポンサーリンク