お見舞い 金額 部下

部下へのお見舞い金の金額について

スポンサーリンク

 

部下へのお見舞いで間違いなく喜ばれる品はお見舞い金です。
花や果物をもらってもあまりうれしくありませんし、枯れないように、腐らないように気を使う必要があってストレスになります。

 

その点現金であれば時間の経過で駄目になることはありませんし、いつでも都合のいい利用ができるのです。
その際には金額に注意しなくてはなりません。

 

多ければ多いほどいいと思いがちですが、あまりにも高い金額をもらうと逆にストレスになってしまいます。
ストレスになってしまうのかと思うかもしれませんが、もらうほうの気持ちになるとよくわかるのです。

 

こうした高い金額をそのままもらうとそのくれた相手が入院したり災害にあったりしたと気に同じ金額を渡さなければならなくなります。
こうなってくると余計な気苦労を背負わせることになってしまうでしょう。

 

部下だからといって高い金額を提示せず、一万から五万くらいの範囲に納めるべきです。
そうすることで気兼ねなく受け取ることができます。

 

スポンサーリンク

 

部下にこうしたお見舞い金を渡す際にはあまり細かいマナーを気にすることはありません。
新札を使ったり袋を二重にしてはいけないというマナーがありますが、どちらかというと迷信のようなものです。

 

理由としては新札は事前に用意していたと思われる、二重は繰り返しをイメージさせるなどのものであり、あまり重要ではありません。

 

しかし、封筒の裏に金額と名前を明記するというマナーは重要なものです、これをするともらう部下のほうでお見舞いの品を管理しやすくなります。

 

お金はすぐに必要になることもあるので、封筒から抜いて使用することがあるのです。
そうなったときに中が空でも封筒にしっかりと明記されていればすぐに把握できます。

 

お見舞いのときに部下に気を使うのはこの点が最も重要であり、他のマナーはおまけのようなものです。
気兼ねなく銀行からおろしたての新札を使いましょう。

 

部下をお見舞いするさいにはあまり礼節を気にすることはありませんが、最低限抑えるところは抑えておくとやりやすくなります。

 

スポンサーリンク