お見舞い金 金額 書き方

お見舞い金の金額の書き方

スポンサーリンク

 

お見舞い金は必ず喜ばれるものであり、失敗することはありません。
入院見舞いや災害見舞いの際に花や果物を持っていってもあまり慶ばれるとは限らないのです。

 

軽い入院などはいいのですが、重い病気のときに花や果物を持ってこられても処理に困りますし、災害のときには邪魔になってしまいます。

 

その点お見舞い金であれば時間がたって駄目になってしまうこともなく、いつでも都合のいいときに使えるのです。
入院したり被災者になった経験がある人ならばわかりますが、困っている時にもらうお金はかなり勇気付けられます。

 

そんなお見舞い金ですが、もちろんそのままもっていくようなことはしてはいけません。
しっかりと封筒に入れておかなければなりませんが、その封筒に書く金額などの書き方があります。

 

まず、金額と名前を明記することは忘れてはいけません。
こういった書き方を覚えておかなければもらうほうはかなり苦労します。

 

なぜかというとお金は使用するとなくなってしまうので、あとから誰にいくらもらったかが把握しにくいのです。

 

スポンサーリンク

 

お見舞い金の封筒の裏に金額を書かなければならないのはこうした理由なので、確実に行わなければなりません。

 

その書き方ですが、なにも筆ペンで丁寧になく必要はなく、普通のペンなどで十分です。
ものすごい目上の人相手ならばそれでもいいですが、若い人同士であれば書き方にこだわることはありません。

 

金額も決まった額はないのであまり低すぎず、高すぎない金額を渡すようにするといいでしょう。
お見舞い金を渡すのは抵抗があるという人はいますが、そうした場合は商品券などで代用するといいです。

 

金額の書き方は変わらず、金額のそばに商品券の種類を併記する書き方で十分といえます。
お見舞い金は厳格なマナーが存在しないので、そこまでマナーに気をつける必要はありません。

 

新札を使うのは良くないというマナーもありますが、まずそのことを知らない人が多いです。
年配の方相手のときは気をつけたほうがいいでしょうが、知り合いや友人相手ならば気にしなくとも大丈夫といえます。

 

スポンサーリンク