入院 お見舞い クオカード

入院のお見舞いにクオカードはいかが?

スポンサーリンク

 

身内や知り合いが入院したときにはお見舞いをしなければなりません。
その際にはお見舞いの品を持っていくことになりますが、このとき一番もらってうれしいのはお金です。

 

入院してみるとわかりますが、心身ともに弱っているときに何にでも使えるお金をもらうとすごく勇気付けられます。
しかし、現金をそのまま包むのに抵抗がありますし、新札は使ってはいけないといった不思議なマナーも存在するのです。

 

そんなときはクオカードを包むといいでしょう。

 

クオカードは現金よりも使用できる機会が少ないですが、対応している店は数多くあります。
もらってうれしい物としては間違いのないお見舞いの品であるといえるでしょう。

 

果物などもいいですが、入院中に食べきれるとは限りませんし、好みもあります。
クオカードを贈ればそうした気苦労もありませんし、確実に役立つのです。

 

ただ、あまりにもマイナーなクオカードは使いどころがわからないというときがあるので、できればメジャーなものを贈りましょう。

 

スポンサーリンク

 

お見舞いの品としてクオカードを渡すときは紙袋に入れて渡すだけで大丈夫です。
現金の場合は宛名の書き方や札の新旧などに気を使わなければなりませんが、クオカードは実に気楽に贈れます。

 

昔はこうした商品券は使用期限が短かったのですが、最近はいつまでも使うことが可能です。
実質無期限のものも多くあり、プレゼントしやすいものとなっています。

 

入院が長引いても問題なく使えるものがほとんどなので、気兼ねなく送ることができるでしょう。
入院のお見舞いに何を持っていくかというのは難しく、大抵は果物類を持っていくことになります。

 

花を一緒に持っていくくらいはいいですが、入院している人の励みになるものを贈りたいものです。

 

クオカードは味気ないというイメージを持っている人もいますが、実際に受け取るほうの気持ちになるとこうした商品券の類はすごく助かります。
確実に相手を思いやることができるのは、お見舞いにクオカードなどを渡すことであるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク