社会人必見!お見舞い品に付けるリボンのマナーは?

社会人必見!お見舞い品に付けるリボンのマナーは?

スポンサーリンク

 

入院などのお見舞い品に付けるリボン。
デリケートなシチュエーションだけに、リボンひとつにも厳密なマナーが求められます。
人にはなかなか聞けないお見舞い品のリボンのマナーとタブーについてくわしく解説しています。

 

 

【どう付けるのが正解?お見舞い品のリボンの大人のマナー】

お見舞い品にかぎらず、かしこまったシチュエーションでの贈り物は何かと気を遣うものです。
社会人であれば身につけていて当然ともいえるマナーだけに、いざという時に失敗をしないようにきちんとシミュレーションしておく必要があります。
お見舞い品のリボンで大切なのは、カラーバリエーションです。
あまり派手なリボンでは不謹慎ですし、だからと言って極端に暗いトーンの色では相手の気持ちをさらに落ち込ませてしまいます。
入院中であっても将来の快復を予感させるようなほどよく明るい色を選ぶのがこの場合はベターです。
お見舞い品ではリボンのデザインもはずせない要素であり、気持ちを明るくしたいからとファンシーなデザインを選ぶと全体的に幼い印象になり、場合によっては失礼にあたります。

 

スポンサーリンク

 

【海外では常識!グリーティングカードを付けることで敬意を添える】

日本国内ではお見舞い品といえばリボンを付けるのがマナーとされていますが、海外ではグリーティングカードを付けるのが常識となっています。
カードにその人らしいメッセージを添えるのがマナーであり、たんに品物だけを贈るよりも「元気になってほしい」という思いが伝わります。
グリーティングカードを付けるのはお見舞い品だけでなく、たとえばクリスマスやハロウィン、家族の誕生日など想い出に残したい1日に大切な人と交換し合うのがひとつのマナーになっているようです。

 

 

お見舞いのギフトのリボンをどのように付けるかは社会人にとっても重要なマナー問題のようです。
それはたんに贈り物のマナーをどうするか、ということだけでなく、相手との関係をどのようにとらえて礼節を尽くすか、という問題でもあるのです。

 

スポンサーリンク