同僚が入院!女性が気をつけたいお見舞いマナー

同僚が入院!女性が気をつけたいお見舞いマナー

スポンサーリンク

 

社会人として長く暮らしていると、会社の同僚や上司が入院するということがよくあります。
お見舞いに行く機会も自然と増えますが、女性と男性ではマナーが異なるため注意が必要です。
お見舞いのマナーで気をつけたいポイントについてまとめました。

 

 

【女性らしい気遣いを!入院中のお見舞いNG集】

 

 

入院中の面会のマナーは、冠婚葬祭でのマナーとならんでデリケートな部分とされています。
一般的にNGとされているのは病室に植物を持ち込むことで、たとえそれが心のこもった贈り物であったとしても日本ではマナー違反とされています。
女性の場合はつい植物を選んでしまう場合が多いかもしれませんが、とくに鉢植えで育てるような植物はタブーとされており、それは文化的に

【根付く】


ということにつながるという理由もありますが、一方で衛生管理が難しくかえって不潔になりやすいという病院側の都合もあるようです。
どうしても彩りとして植物を贈りたいのであれば手間のかからないドライフラワーを選びましょう。
また、入院中に多額の現金を送るのはあまりに即物的であり、こちらもマナー違反とされています。

 

スポンサーリンク

 

【入院のお見舞いに行く前に気をつけたい女性の基本マナー】

親しい同僚の入院ともなるとすぐにでもお見舞いに駆けつけたくなりますが、アポイントを取らずにいきなり病院へ押しかけるのはマナー違反となります。
たとえ旧知の同僚であっても、お見舞いに行く際には必ず入院先の病院と本人の確認を取るようにしましょう。
たとえ病院側が面会を受け入れていたとしても、本人の心理状態によっては誰にも会いたくない、誰とも話したくないという状況かもしれません。
とくに女性の場合、同僚に弱った姿を見せたくないという心理が強くはたらく傾向にありますので、同僚であればこそそのあたりの機微を察し、相手のコンディションが良好な時に面会に行くようにしましょう。

 

 

入院中のお見舞いはするほうもされるほうも気を遣うものです。
女性と男性では気をつけるべき点が違いますし、また、同僚と上司など関係性によってもおさえるべきマナーは変わってきます。
同僚の女性を見舞う場合はあまり堅苦しいルールにこだわらず、相手をリラックスさせる会話を心がけましょう。

 

スポンサーリンク