お見舞いに行くなら手術前かそれとも手術後かどっちがいいのか

お見舞いに行くなら手術前かそれとも手術後かどっちがいいのか

スポンサーリンク

 

手術をする予定で入院している場合のお見舞いは、手術前がいいのか、手術後がいいのかどっちか迷うことがあります。
また、どのくらいの規模の手術になるのか、どの部位の手術なのかによっても違ってきますが、ここでは二つの選択肢のうち、どっちがいいのか考えてみました。

 

 

【手術前について】

 

入院している人へのお見舞いのタイミングは、実はどっちがいいのかかなり難しい問題です。
親しい間柄ならば、すぐにどういう状態か気軽に聞くこともできますが、一般的にはなかなか聞きにくいもので、そこからいつ行けばいいかという判断はしづらいものです。
ですが、いきなりお見舞いに行っても、必ずしも面会できるとは限りません。
検査中だったり、特別な治療をしている場合はそちらを優先しなければなりません。
特に手術前は、病気の特定や手術部位の特定のために、さまざまな検査を行わなければならない場合が多くあります。
しかも、入院しているということは、それなりの重い症状やつらい症状があるということになります。
手術という治療の前段階ですので、当然痛みや熱症状など、通常とは違うつらい状態に置かれていることがほとんどでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【手術後について】

 

手術後の時間の経過にもよりますが、どっちかというと、手術前よりはつらい症状も少なくなっていることが多いでしょう。
悪い症状を引き起こす元凶となっているものを手術で取り除くわけですので、それらの症状は無くなるはずです。
さらに時間の経過により、手術の際の傷も徐々にふさがってくるので、だいぶ回復に向かっているはずです。
患者自身の精神的状態も、身体の回復とともに落ち着きを取り戻してくるようになるでしょう。
そうなるとお見舞いも手術前か手術後かどっちか選ぶとすると、やはり手術後のほうが体調が心身ともに安定してくるので、気持ちもラクになり、おすすめです。

 

 

お見舞いは、手術前と手術後果たしてどっちがいいでしょうか。
手術前のお見舞いは基本的にまだ治療に入っていない状態なので、やはり症状によってはつらい場合が多く、あまりお勧めできないということになります。
できれば、手術後少し時間を置いて、患者さんの都合に合わせてのお見舞いのほうが状態も良く、患者さんに負担を掛けずに済むため、どっちかというとおすすめになります。

 

スポンサーリンク