風邪気味の彼氏へのお見舞いは短い言葉でメールを

風邪気味の彼氏へのお見舞いは短い言葉でメールを

スポンサーリンク

 

風邪をひいている時はなるべくゆっくり休みたいものです。
もしも彼氏が風邪だったら、早速御見舞いに行って看病の一つもしてあげたいところでしょうが、症状によっては人と会うのもつらいところです。
そんな時はメールで優しい言葉を使って励ますのが効果的。
彼氏もきっとあなたの心遣いが感じられるお見舞いメールに心休まることでしょう。

 

 

【風邪の時のお見舞い】

 

疲れがたまってきたりすると、季節問わず風邪をひきやすくなったりします。
あなたの大事な彼氏が風邪になった場合、どんなふうにお見舞いをしていますか。
できれば、早々に実際にお見舞いに行って会い、元気が出るような言葉を掛けて看病したい気持ちもよくわかりますが、症状によっては人と会ったりするのはとてもつらいものです。
また、風邪はうつる可能性もあるので、彼氏としてもこちらを気遣って会わないほうがいいと考えている場合もあります。
まずは、言葉短くメールをして、様子をうかがってみたほうがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【彼氏の立場になってお見舞いを】

 

風邪をひいている時は何をするにも億劫になりがちです。
小さな文字をいっぱい読むのも案外つらいもの。
だとしたら、簡潔な言葉でお見舞いの気持ちを伝えるメールを送りましょう。
できれば、返信を請うような質問などはなるべく避け、少し笑いを交えたような心温まるメールがお勧めです。
彼氏と二人だけに通じる合言葉や思い出の場所を取り上げて、元気になったらまた出かけようというような、風邪が治るよう前向きな気持ちになるような言葉を入れたほうがいいでしょう。
もちろん、症状が重いときには、頻繁にメールを送る行為は避けたほうが賢明です。

 

 

もしも彼氏が風邪をひいて寝込んでしまったときのお見舞いは、いきなり訪問したりせずに、まずはなるべく短めの言葉を使ったメールを送り、症状など様子をみましょう。
あまり重いようだったら、時間をおいてメールをしたほうがよさそうですが、なるべく二人だけに通じる言葉や元気づけられるような言葉を入れたメールがお勧めです。

 

スポンサーリンク