不幸にして亡くなった場合のお見舞いのお返しは必要か

不幸にして亡くなった場合のお見舞いのお返しは必要か

スポンサーリンク

 

お見舞いのお返しは、時に何にしたらいいのか悩むことも多いものです。
一般的には、タオルや洗剤など、頂いた金額に応じて半返しをするという慣例のもと、お返ししているようです。
が、特に、治療の甲斐なく不幸にも亡くなった場合は、どうしたらいいのでしょうか。
返す必要があるのでしょうか考えてみます。

 

 

【お返しとは】

 

日常生活の中で、周囲からものを頂く機会は案外多いものです。
主に冠婚葬祭の際などに頂くお祝いとか、葬儀の際の香典など、その意味合いもさまざまなものがあります。
お見舞いは、病気や火事など、急な災難に際して頂くことが多いものです。
それら頂きものに対する感謝の気持ちや無事に回復しましたという気持ちを表すために、慣例的に半返しといって、もらったものの約半分に値するものを返すのが一般的です。
また回復せずに亡くなった場合などは必要かどうか悩むものです。
病気見舞いのお返しは、何を送ったらいいのか、またそのタイミングはどうしたらいいのか、また不幸にして亡くなった場合は、お返しは必要かについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

【お返しの仕方】

 

一般的に、お返しは、お見舞いだけに限らず、もらった人が喜ぶものや使い勝手のいいもの、相手が必要以上に負担を感じないものがお勧めです。
相手の立場にたって選ぶことが大切です。
特に、お見舞いのお返しに関しては、状況によって2種類ありますので、注意が必要です。
一つは快気祝いといい、病気や怪我が完治したという報告を兼ねて感謝の気持ちを表す場合と、もう一つはひとまず退院して自宅療養などをする場合の快気内祝いです。
具体的なものとしては、洗剤やお菓子などが人気で、退院後10日目くらいの間に送ります。
また、不幸にして回復することなく亡くなった場合は、元気になったという意味のお見舞い返しは必要ではありません。
とはいうものの、亡くなった本人の気持ちを考えると、代わりに感謝の気持ちを表したいときには、49日の法要後にお見舞いお礼として、お渡しするのがおすすめです。

 

 

お見舞いのお返しについては、元気に回復しましたという報告と感謝の意味を表現するもので、もらったものの半分くらい返すものです。
ですが、不幸にして回復せずに亡くなった場合は、特に必要はありませんが、どうしても亡くなった本人の代わりに感謝の気持ちを伝えたい場合などは、49日の法要後にお見舞い御礼として渡すのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク