連絡なしやアポなしのそのお見舞いは迷惑かもしれません

連絡なしやアポなしのそのお見舞いは迷惑かもしれません

スポンサーリンク

 

友人知人または目上の人が病気になった場合、お見舞いに行く機会もあるでしょう。
しかし、突然の訪問はやはり迷惑なものです。
実は、お見舞いにもある程度の気遣い、うかがう前に連絡をすることやアポを取ることが必要です。
相手に負担をかけない、または迷惑にならないお見舞いの仕方について考えてみましょう。

 

 

【お見舞いには気遣いが必要】

 

誰しも病気になった場合は、心細くなり、気持ちもふさぎがちになります。
そんな気持ちを察して、お見舞いに行くというのは、相手にとってとてもありがたく心強いものです。
とはいうものの、病気の時は通常とは違って、気持ちの不安定な状態が続いたり、体調などもその時々の状態で変化があります。
特に病気にかかり始めの場合は、症状も重く、人と会うのに抵抗があるものです。
タイミング悪くそんな時に行ってしまっては、迷惑だと思われても仕方ないでしょう。
また、治療の過程でなるべく外部の人との接触をしないほうがいい場合もあります。
相手の症状に応じたお見舞いは、状況を判断して伺うという気遣いがとても大切です。
以上のことから、連絡なし、アポなしは、相手に迷惑をかけてしまうことが多いので、極力避けなければなりません。
せっかくの厚意が台無しになってしまわぬように、事前に連絡をし、アポを取るよう心がけたいものです。

 

スポンサーリンク

 

【お見舞いに行く際のポイント】

 

具体的な注意点としては、迷惑をかけないように、訪れる時間について最も気を付けなければならないでしょう。
連絡もなしに急にアポなしで行った場合、相手が通院や検査などで不在の可能性もありますし、お風呂や食事中のため、すぐには応じられないことも十分考えられます。
必ず事前に連絡を入れて予定を確認しましょう。
その結果、無理強いをしないように、また迷惑をかけないようにすることが最大の気遣いとなるでしょう。
特に事前にアポを取ることはとても大事で、病気回復のために通常とは違った時間帯に思わぬ行動をとっている場合もあり、連絡なしに訪れることによって治療効果にも影響を与えることにもなりかねません。
早急に回復してもらいたいと望むならば、やはり事前に連絡をとることをお勧めします。

 

 

お見舞いに行くときは、事前に連絡をとり、アポなしで行って、相手に迷惑をかけることのないように注意が必要です。
連絡をすることによって、相手の都合に合わせてアポを取ることができ、その気遣いが相手にも好印象となって、結果的に良い効果をもたらすことになるでしょう。
っくれぐれもアポなしは厳禁です。
お見舞いは、相手へのちょっとしたその気遣いと思いやりから始まっています。

 

スポンサーリンク