退院祝い 子ども プレゼント

子ども向けの退院祝いでおすすめのプレゼントとは

スポンサーリンク

退院祝いとは、入院していた人が退院したときに贈る贈り物のことをさします。
病気が完全によくなっていたら全快祝いや快気祝いという名目でプレゼントや金券を贈ることもありますが、たいていの場合通院治療や服薬治療が残っていることが多いため、わからないときは退院祝いが無難です。
退院祝いのプレゼントは基本的に現金かパジャマやタオル、洗剤などの日用品や消耗品が一般的ですが、子どもの場合は子ども向けのものを選ぶのもおすすめです。
子どもの年齢にもよりますが、子どもが喜ぶおもちゃや食べ物、飲み物、タオルやパジャマといった日用品などもよいでしょう。
子どもにとって入院治療は多大なストレスとなるので、それを乗り越えたことを称える意味でおもちゃや本などを贈るのもプレゼントとしてよいでしょう。
ただ、プレゼントしてもすぐに入院する可能性があるときは、病院でも使えるプレゼントの方が退院祝いにはふさわしいといえます。
おもちゃでも音のでないものがよいでしょう。

スポンサーリンク

また、子ども向けのプレゼントを選ぶときは、相手の好みをリサーチするのも重要です。
子どもは年齢や男女の差、個人差により好みが大きく異なります。
去年好きだったものが今年も好きとは限らないので、プレゼントコーナーの店員に聞いたり、親に尋ねたりして好みのものをリサーチしておきましょう。
わからなければ学用品や日用品にしておくのも悪くありません。
また、退院祝いとして贈るとき、食べ物や飲み物は注意する必要があります。
退院祝いの場合は、退院後も食べ物や飲み物の制限があることがあります。
そのため、せっかく退院祝いをもらっても、子ども自身は食べられないという羽目にもなりかねません。
食べ物や飲み物を考えているときは、必ず親に確認をとりましょう。
贈るときは、品物の選定も重要ですが、金額にも注意が必要です。
あまりに高いものを贈るとお返しに気を遣わせてしまうので、負担になり過ぎない程度のものを選ぶようにしましょう。
関係性にもよりますが、一万円くらいまでが価格相場です。

スポンサーリンク