退院祝い お金 現金 マナー

退院祝いのマナーは現金を包み袋に入れ、お金を新札と奇数にします

スポンサーリンク

現金での退院祝いを行う際には、包み袋に現金を包むのがマナーになります。
包み袋は、百貨店や冠婚葬祭の専門店にて購入することが出来、年齢や予算に応じて様々な種類の退院祝いに適した包み袋が販売されています。
さらに包み袋のマナーとして氏名を書く際には、フルネームで書きます。
フルネームで書く理由は、同じ苗字の方がいる場合には、誰が退院祝いを行ったかが不明にある場合があることから防ぐためにフルネームで記入します。
また、現金を包む中袋に関しても現金の金額と氏名、住所を記入するのがマナーにあります。
包み袋と同様に包み袋と中袋を同じ場所に保管するとは限らずに誰がいくら現金を包んだかを明白にするために記入しており、マナーして認知されています。
また、退院祝いとして現金をいくら包んだら良いかわからない時には、包む袋を購入したお店のスタッフに相談すると良いです。
一般的な退院祝いの現金相場といったノウハウが蓄積されているので、参考にすることが出来ます。

スポンサーリンク

退院祝いのお金についてのマナーは、新札のお金を準備することです。
不祝儀でない場合は、可能な限り縁起を担いで新札のお金を好む傾向があり、お札の数や金額に関しても偶数よりも奇数の方が縁起が良いことから奇数にするのがマナーとなっています。
新札やお金の持ち合わせから奇数に出来ない場合には、金融機関に退院祝いを行う旨を伝えることによって新札などに好感してくれるので、相談すると良いです。
また、退院祝いのお金に関しては、インターネットや書籍でも参考にすることが出来ます。
マナーについての関心が高まっていることから情報サイトや専門書などが登場しており、手軽に情報収集が行えます。
さらにこれらの情報は、専門家が監修を行っているので、退院祝いも様々シーンにてマナーが紹介され、専門的な観点からアドバイスを行っているから参考に出来ます。
また、お金などの相場についても年齢や役職、相手位との間柄から最適なお金の相場が紹介されています。

スポンサーリンク