退院祝い 商品券 マナー

退院をした人への退院祝いには商品券を贈るなどのマナーがあります

スポンサーリンク

 

入院をした人が退院をする際に贈るのが退院祝いになります。
その逆で、退院をした人が入院中にお見舞いに来てくれた人にお世話になってお礼として贈るのが快気祝いになります。

 

贈る相手によって呼び名が違いますので、間違えないようにしておくことが大事です。
退院祝いのマナーは退院をしてから1週間から一か月以内に贈るとベストです。

 

あまり早いともしかしたら相手の方が本調子ではなく、再度入院をしてしまうこともありますので、マナーとして気を付ける必要があります。
退院祝いで渡す場合には現金や商品券や物を贈ることがあります。

 

現金ですとあまりにも露骨すぎるので、商品券のほうがいいかもしれません。
商品券はどこでも使えるものが望ましいです。

 

限定をした商品券になると、わざわざ特定の場所に行かないといけないということもありますので、比較的どこでも使える商品券選びをするのもマナーになります。

 

もし、入院中にお見舞いをすることができなく、退院祝いとして贈るのもいいです。

 

入院には、お金もかかりますので、物を贈るのもいいですが、現金や商品券のお渡しをすることで、相手も助かることもあります。
現金や商品券は3000円から5000円が相場になります。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いをする際には、注意をすることがあります。
退院はめでたいことになりますが、二度とけがや病気をしないようにという意味もありますので、のし袋には要注意が必要です。

 

マナーとして結婚祝いと同じように結びきりの熨斗を使うことが大事です。
また退院祝いの贈り物をする際もマナーがあります。

 

お花ですと、きれいですが、シクラメンや菊は向いていません。
また退院祝いにチューリップも花が落ちてしまうこともあり、避けるほうがいいです。
お花を贈るのは、マナーとしていいですが、お花の世話をしてもらって元気になってほしいなどの理由があれば、大丈夫です。
その際には、どうしてその花を選んだか相手に自分の気持ちを伝えることが大事です。

 

しかし、マナーとして難しいというのであれば、カタログギフトを選ぶと相手が好きなものをもらうことができるので、喜ばれることもあります。
いろいろな方がいますので迷った場合には、カタログギフトにしてみるといいです。

 

スポンサーリンク