退院祝い 袋 書き方

退院祝いの包み袋の書き方として氏名をフルネームで書きます

スポンサーリンク

 

退院祝いとして現金を包む袋の書き方は、水引の上や袋の上部に退院祝いや快気祝いなどを書きます。
そして、下部に氏名を書き、フルネームにて書きます。

 

フルネームにする理由は、同じ苗字の方がいる場合に誰が退院祝いを贈ったのかを贈られた側が分からなくなるのを防ぐためです。
さらに実際に現金を包む中身の袋にも裏面にて氏名や住所といった情報から金額を書き、金額は漢数字などを用いて書きます。

 

また、中身の袋がない場合の書き方として包み袋の折り返し部分に住所や金額を記入することが一般的となっています。
そして、若い年齢層の場合には、退院祝いを行う際に包み袋を用いらずにデザイン性の高い封筒などの袋を用いる場合も増えています。

 

そのような場合の書き方も包み袋と同様に氏名や住所、金額を明記する書き方を行うと良いです。
また、現金ではなく、品物にする場合には、購入するお店のスタッフが記入してくれることから活用することにより、適切な書き方で行うことが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

退院祝い包み袋の書き方は、百貨店を用いると参考にすることが出来ます。

 

百貨店には、退院祝いなどの冠婚葬祭の専門売り場やコンシェルジュサービスなどがあるので、書き方について相談することが出来ます。
さらに百貨店によっては、代筆を行えるスタッフが常駐しており、代筆にて記入を行ってくれます。

 

贈る相手や年齢などに応じて最適な書き方で書いてくれるので、安心して依頼することが出来ます。
最近では、百貨店の他にも大手の雑貨店などでも代筆といったサービスが行われているので、活用すると良いです。

 

また、退院祝いの書き方については、インターネットや書籍でも参考にすることが出来ます。
マナーや冠婚葬祭に対する意識の高まりからマナーの情報サイトや専門書も数多く登場しており、専門家による監修や様々なシチュエーションが掲載されています。

 

さらに専門的な観点からアドバイスも行われているので、参考情報として用いりやすくなっています。

スポンサーリンク