退院祝い 渡す 時期 タイミング

退院祝いを渡す時期とタイミングについて

スポンサーリンク

 

病気や怪我などで入院していた人に、退院を祝って贈るのが退院祝いです。
入院中にお見舞いに行くタイミングがなかったという人も、お見舞いの代わりに退院のお祝いを贈るというのもおすすめです。

 

親戚や親しい友人、普段お世話になっている知人などが、無事に退院の日を迎えた時には、心からの想いを込めて退院祝いを渡すようにしましょう。

 

退院祝いといっても、贈るものは何でもよいというわけではありません。
渡す時期やタイミングについても注意が必要です。

 

マナー違反とならないように、きちんと正しい退院祝いの作法について調べておく必要があります。
贈るものとしてはどのようなものを選べばよいのか、熨斗の種類や表書きの書き方はどうすればいいのか、知っておくことはたくさんあります。

 

せっかくのお祝いの贈り物ですから、こうしたマナーを正しく守ることで気持ちよく受け取ってもらいたいものです。
ここでは渡す時期とタイミングについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いを渡す時期とタイミングはいつが良いのでしょうか。
一般的には退院して1週間から1ヶ月ほどの間に渡すのが最適な時期だとされています。

 

退院直後というのもタイミングがあまりよくないこともあります。
自宅に帰ってきて落ち着いたころを見計らうのが良いでしょう。

 

もし退院してすぐに贈る場合には、熨斗には「祝 ご退院」という言葉を使用するようにしましょう。

 

また、1ヶ月以上過ぎてしまい、元気になっている時期だと退院祝いではなく快復祝いの方がふさわしくなります。
また、自宅で療養中であるのならお見舞いを渡すのが良いでしょう。

 

退院当日にタイミングを見計らって直接お祝いを渡すということもあります。
この場合には、相手の家族などの都合を前もってたずねておくことが重要となります。

 

また、本人の体調などによっても遠慮するなどの配慮が必要です。
退院祝いは、あくまでも無事に退院したことのお祝いです。

 

退院した人の体調やその後の健康状態によって退院祝いを渡すタイミングや時期は変わってきます。
臨機応変に、様子を見ながらその人にふさわしい時期とタイミングを見極めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク