退院祝い 花 種類 色 マナー

退院祝いに贈る花は種類や色のマナーに気をつけよう

スポンサーリンク

 

お見舞いや退院祝いには見るだけで心が安らぐ、きれいなお花を贈りたいと考える人も多くいます。
しかし、退院祝いでお花を贈る際にはいくつか気をつけるべきマナーがあります。

 

鉢植えは避けた方が良いでしょう。
入院中もそうですが、「根付く」という言葉の響きが「寝付く」を想像させるためマナー上よろしくないとされています。
どうしても病気が長引くイメージが付いてしまうため、退院祝いでも避けるのがマナーです。

 

同様にプリザーブドフラワーやドライフラワーといった種類も長持ちすることから病気が長引くイメージにつながるため、マナーとしては避けた方が無難です。

 

縁起の善し悪しも大切ですが、受け取る側のことも考慮して選ぶことも大切なマナーです。

 

大きな花束は見栄えはとても美しく頂いたときはとても嬉しいものですが、飾るのに花瓶が必要だったり、定期的に水を交換したりなど思いのほか手間がかかるものです。
アレンジメントフラワーであればすぐに飾ることができ、手間も少ないため、退院祝いとしては適切な贈り物と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いのお花を選ぶときには、色や種類にも気を配るようにしましょう。

 

青や白、紫といった色はお悔やみの場面で選ばれることの多い色ですので避けるのがマナーです。
退院祝いで渡す花は、元気になったお祝いという意味合いのものですので、寒色系のものはなるべく避け、黄色やオレンジ、ピンクといったやさしい暖色系の種類を選ぶようにしましょう。

 

退院祝いにふさわしくない花の種類には、シクラメンや椿、チューリップ、菊、あじさいなどです。

 

シクラメンは「死」や「苦」を連想させるから、椿やチューリップは花が落ちてしまうから、菊は弔事用だから、あじさいは徐々に色褪せていくからといった理由があります。

 

これらの種類の花は退院の場面にはふさわしくないイメージがありますので、マナーとして避けるようにしましょう。

 

また、香りが強い種類も避けた方が良いと言われています。
病気の時はちょっとしたにおいにも敏感になりやすいため、百合やフリージアなど香りが強い種類は避けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク