退院祝い お返し 金額 相場

退院祝いのお返しの金額の相場について

スポンサーリンク

 

退院祝いをいただいた際のお返しをする場合にも金額の相場や使用するのし、お返しをする時期などさまざまなマナーが存在します。
マナー違反があると相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるため、退院祝いのお返しを贈る場合には金額の相場や時期などのマナーを事前にしっかりと把握しましょう。

 

退院祝いのお返しは全快の報告を兼ねてお返しをする場合と、ひとまず退院して自宅療養や通院などに切り替わるので、その区切りとしてお返しをする場合があります。
前者の場合ならのしの表書きは快気祝・全快祝・御礼となり、後者の場合には御見舞御礼・快気内祝・退院内祝となります。

 

またお返しの品物を贈る場合にはいただいたものの金額の半額程度が相場の目安とされています。

 

それから入院した際の病院関係者にお礼をする必要は基本的にはありませんし、病院によってはそういった品物を一切受け取らないところもあります。

 

退院祝いのお礼をする際には事前に自分の状況に応じたマナーをしっかりと調べて、相手に不快な思いをさせないように注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いのお返しをする場合にも金額の相場や贈る時期、のしの書き方やふさわしい品物などさまざまなマナーが存在します。

 

退院祝いのお返しをする場合には気持ちがこもっていることが前提にありますが、金額の相場や時期などでマナー違反をしてしまうと相手に不快な思いをさせてしまう場合もあるため注意しましょう。

 

まず退院祝いのお礼をする際の金額の相場としては、いただいた金額の3分の1〜2分の1程度が一般的な金額の相場とされています。
贈る時期としては退院してから10日前後ぐらいとされており、遅くとも退院後30日程度までが目安とされています。

 

ただし無理をする必要はありません。
退院したといっても自宅療養や通院が必要な場合には無理をせずに、お礼の電話や手紙などを送り、体が本調子になってから正式なお礼をしましょう。

 

マナーは自分の状況や相手との関係性などによっても変わってくるため、状況に応じて臨機応変に対応することが必要です。

 

スポンサーリンク