退院祝い 快気祝い 違い

退院祝いと快気祝いの違いについて

スポンサーリンク

 

退院祝いと快気祝いはどんな違いがあるのか、はっきりとわからないということが意外と多い祝い事です。
まず前者は入院をしていた方に対して贈るもので、後者は入院をしていた本人が贈るものです。

 

退院祝いは病気や怪我などで入院した方に対して周囲の人が退院した際に回復を祝って贈るもので、お見舞いに行く前に相手が退院された場合などに、お見舞いの代わりとして贈るケースもあります。

 

退院祝いの金額の相場は3,000円〜5,000円程度とされていて、現金で贈ることも珍しくありません。
快気祝いは入院していた本人が、お見舞いに来てくれた相手やお世話になった人に対して感謝の気持ちを込めて贈るものです。

 

退院祝いの金額の相場はいただいた金額の3分の1〜2分の1程度とされています。
これが退院祝いと快気祝いの違いです。

 

つまり退院祝いと快気祝いの違いは入院していた方に対して贈るものなのか、入院していた本人が贈るものなのかにあります。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いと快気祝いの違いは入院していた方に対して贈るものなのか、入院していた本人が贈るものなのかにあります。
これが退院祝いと快気祝いの大きな違いとなります。
この違いを知識として知っておきましょう。

 

またこの違いを把握しておくことも大切ですが、それぞれにマナーも存在するため注意が必要です。

 

退院祝いを贈る際に注意する点としては、退院後1週間〜1か月を目安として贈ること、二度と繰り返したくないお祝いでもあるためのしは紅白の結び切りののしを使用することなどがあげられます。

 

快気祝いを贈る場合に注意する点としては、金額の相場はいただいた金額の3分の1〜2分の一程度を目安とすること、お金をいただいた場合でも品物をいただいた場合でも金額の相場は同じこと、職場の福利厚生関係などからのお見舞いにはお返しの必要がないことなどがあげられます。

 

ほかにもさまざまなマナーが存在するため、事前に情報を調べ状況に応じて臨機応変に対応しましょう。

 

スポンサーリンク