退院祝い 金額 相場 目安

退院祝いを贈る場合の金額の相場の目安について

スポンサーリンク

 

退院祝いを贈る際にはさまざまなマナーが存在します。

 

金額の相場やのし袋の選び方や表書きの書き方など、さまざまなマナーが存在するため事前にしっかりと情報を調べましょう。
特に目上の方に対してマナー違反があると、その後の人間関係において支障をきたしてしまう可能性もあります。

 

まず退院祝いを贈る場合には退院後1週間から1か月の間とされていて、贈る金額の相場としては3,000円〜5,000円程度が相場の目安とされています。

 

お見舞いをし損ねた場合には、お見舞いに代えて退院祝いとして贈るとよいでしょう。
この金額の相場の目安は守るようにしましょう。

 

あまり高額なものを贈っても相手に気を使わせてしまいますし、退院祝いを受け取った側はそのお礼をするのがマナーとされているのでかえって負担になってしまう場合もあります。
そのため金額の相場の目安を守ることは大切です。

 

退院祝いに限らず、お祝い事の際には事前にしっかりとマナーを調べ、金額の相場の目安や使用するのし袋などでマナー違反がないよう注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いを贈る場合にもさまざまなマナーが存在するため注意が必要です。
必要以上にかしこまる必要はありませんが、一定のマナーは守る必要があります。

 

まずは退院祝いを贈る場合の金額の相場の目安ですが3,000円〜5,000円とされています。
ただしこの金額の相場の目安は贈る相手との関係性によって変化します。

 

たとえば友人の場合には3,000円程度、職場の上司の場合には5,000円程度、親族の場合には10,000円程度が金額の相場の目安とされています。

 

ただしこれはあくまで一例です。
あくまで相手をお祝いする気持ちが大切なので、相手の負担にならないように気を配りましょう。

 

また退院祝いを贈る場合には現金を渡すことも珍しくはありませんが、最近では現金ではなく品物を渡すケースも多くなっています。
人気の品物としてはフラワーギフトやせっけん、ゼリーやフルーツギフトなどが人気があります。

 

相手の状況を考えて状況にふさわしい品物を選びましょう。

 

スポンサーリンク