退院祝い のし袋 表書き 書き方

退院祝いの際に使用するのし袋や表書きの書き方について

スポンサーリンク

 

退院祝いを贈る場合にはのし袋の表書きの書き方や使用するのし袋の種類などさまざまなマナーがあるため注意が必要です。
まず退院祝いの際に使用するのし袋は紅白結び切りののし袋を使用します。

 

退院祝いはおめでたいことではありますが、病気や怪我といった災いがあったということでもあるため、二度とないようにという意味合いを込めて簡単にほどけない紅白結び切りののし袋を使用します。

 

一般的な表書きの書き方としては「祝 御退院」と書き、水引の下に贈り主の名前を書きます。
退院祝いを贈る際に相手が全快しているのか、自宅療養や通院が必要なのかといった状況によってのし袋の表書きの書き方は変化しますが、「祝 御退院」という書き方ならばどちらの場合でも問題ありません。

 

ほかにも品物を贈るのなら金額の相場やふさわしい品物などさまざまなマナーが存在するため、状況や相手との関係性などさまざまな状況を考慮して、臨機応変に対応するよう意識しましょう。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いを贈る場合にも使用するのし袋の種類や表書きの書き方などさまざまなマナーが存在します。

 

特に目上の方に退院祝いを贈る際にマナー違反があってしまうと、その後の人間関係において支障をきたす可能性もあるため注意が必要です。

 

まず退院祝いの際には二度とないようにという意味合いを込めて簡単にほどけない紅白結び切りののし袋を使用します。
表書きの書き方としては相手が全快しているのなら「祝 御全快」、自宅療養や通院が必要な状態ならば「祈 御全快」と書きます。
相手の状態がわからないのなら「祝 御退院」と書くのが無難です。

 

水引の下には贈り主の名前を書きます。
名前は姓だけでも構いませんし、姓名でも問題ありません。

 

これが退院祝いを贈る際ののし袋の表書きの一般的な書き方となります。
このようなマナーは相手との関係性や状況によって変化するため注意が必要です。

 

表書き一つでもマナー違反があってしまうと相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるため注意しましょう。

 

スポンサーリンク