退院祝い 祝儀袋 選び方

退院祝いを渡す際の祝儀袋の選び方について

スポンサーリンク

 

お祝い事の際に使用する祝儀袋は様々な種類があり、祝儀袋の選び方は社会人のマナーとしてとても重要です。
退院祝いの場合の祝儀袋の選び方としては紅白の祝儀袋を選ぶのが一般的です。

 

その中でも結びきりのものを選びましょう。
この紅白の結びきりの祝儀袋は、一度きりであってほしいお祝い事の際に使用するため、結婚やお見舞いなどの際にも使用します。

 

また選び方として注意することは、紅白の結びきりにも本数があり奇数の本数のものは特に病気が関連している場合に、偶数の本数のものは婚礼関係に使用するのが一般的とされています。

 

このように退院祝いを渡す場合には様々なマナーが存在します。
祝儀袋の選び方のほかにも表書きや金額の相場、品物を贈る場合には避けたほうが良いものもあります。

 

退院祝いに限らず、お祝いの場面で金品を贈る場合には事前にマナーについて情報を調べ、その状況に応じてマナー違反がないように臨機応変に対応することが重要です。

 

スポンサーリンク

 

退院祝いを贈る場合には様々なマナーが存在します。

 

祝儀袋の選び方や表書きの書き方、金額の相場やふさわしい品物など様々なマナーが存在するため、退院祝いなどを贈る場合にはあらかじめ、マナーを調べ相手に不快な思いをさせないように気を付けましょう。

 

まず退院祝いの祝儀袋の選び方としては紅白結び切りを使用するのが一般的です。
病気が関連している場合には奇数の本数のものを使用します。

 

祝儀袋の選び方以外にも文の書き方も重要です。
特に目上の方に対して贈る場合には、マナー違反をしてしまうと大変失礼に当たります。

 

表書きの書き方としては「祝 御退院」と書いて送るのが一般的です。
ただし退院祝いを贈る時点で相手が全快しているのか、自宅療養や通院が必要な状態なのかによってこの言葉は変わってきます。

 

まだ療養や通院が必要な状態ならば「祈快気」などと書いて渡すとよいでしょう。
相手の状態がわからない場合などには「祝 御退院」と書くのが無難です。

 

マナーは状況によって変わるため、臨機応変に対応しましょう。

 

スポンサーリンク