退院祝い 贈り物 マナー

退院祝いで贈る贈り物のマナーについて

スポンサーリンク

 

友人や会社の仲間などがけがや病気をして退院をした場合に退院祝いを贈ります。
元気になってよかったという気持ちを込めてお祝いに退院祝いを行います。

 

その際には、贈り物を相手に渡す以外にも現金や商品券を渡すこともあります。
そして、贈り物によっては、相手が喜ばないなど不向きな点もありますのである程度、退院祝いのマナーを知る必要があります。

 

退院祝いのマナーとしてよいものが病気を洗い流すという意味がある石鹸や入浴剤です。
また入院中、ゆっくりとお風呂に入ることもできないこともあるので、リラックスをしてもらうという点で石鹸などはお勧めになります。

 

ほかにも病気が残らないように後に残らないものとしてお茶やお菓子なども退院祝いの贈り物で最適です。

 

また、相手の好物や嫌いなものもありますので、食べ物の贈り物の場合は要注意です。

 

そして退院祝いのマナーとして贈ってはいけないものがあります。
寝付くという意味がある花の鉢はおすすめができません。

 

スポンサーリンク

 

ほかにも退院祝いのマナーがあります。
贈り物などを渡す際には、贈る時期も大切です。

 

退院をしてすぐですと、まだ体の本調子ではないので、自宅などで療養をしているかもしれません。
贈り物を渡すにはタイミングが必要ですので、しっかりとマナーを身に付けておくといいです。

 

贈り物や現金などは退院をしてから10日から1か月以内になります。
時期をみてからマナーを守ります。

 

ほかにもマナーがあり、のしをつける際には、結びきりのものを選びます。
結び切りは、結婚式の際に使うのしになります。
二度と繰り返さない方法として利用をするので、決して間違えないようにしておくといいです。

 

また入院中にどうしてもお見舞いに行けなかった場合にも退院祝いとして贈るのも大丈夫です。
今後の関係もあるので、入院の知らせや退院の知らせを受けた場合には、それぞれお見舞いや退院祝いとしれお渡しをするのもおすすめです。

 

会社の取引先などでもこういったケースもあるので準備をしておくと慌てなくてすみます。

 

スポンサーリンク