快気祝い お返し 会社 職場

快気祝いは会社の人が見舞いに来てくれた際の職場へのお返し

スポンサーリンク

 

快気祝いは自分が体調をくずして、入院をした際に、お見舞いをしてくれた方へのお礼のお返しをします。
友人や会社の同僚などが見舞いに来てくれることがあります。

 

元気になり入院時の見舞いに来てくれたお礼と元気になったことの報告もかねて快気祝いのお渡しをします。
特に会社の人へは会社を休んでしまいその分の業務を代わりに行っている職場の人もいます。

 

そういった人へのお礼をするというのもいいです。
快気祝いは気持ちなので、お世話になった職場の人にお礼をしてみるのもいいです。

 

また入院中に手土産などをもらうこともありますので、そういったお返しをすると、相手も気持ちがいいです。
お返しをしないと、会社の仲間ももしかしたら、お礼はないのかと考えてしまうこともあります。

 

心配をした方や会社を休んだ際のフォローをした方もいますので、今後の業務に支障がでないように会社にはお礼を込めてお返しをするといいです。

 

お返しや職場の人数によって違いますができれば、たくさん数が入っているお菓子などを会社にまとめて渡すのもいいです。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いをする際には、タイミングも大事になります。
退院をしてすぐですと、自分の体が本調子でないのにお返しをお店で選ぶと体も疲れてしまいます。

 

またいったん退院をしたけど、もしかしたら再入院をしてしまうこともあります。
早めに快気祝いをしてしまうと、再入院をした際に、別の症状で入院をしたのかと職場の人は思ってしまうかもしれません。

 

再度お見舞いに来てもらうなどのこともあります。
そして、お返しも再度行う必要がありますので、それぞれの負担にならないように快気祝いは退院をしてから10日程立ってからお返しをすると望ましいです。

 

だからといって快気祝いを遅すぎも困ります。
退院後、一か月以内に贈るといいです。

 

職場に復帰する際に一緒にお持ちするのがいいかもしれません。
職場間のコミュニケーションツールとしても役立ちます。

 

また仲のいい職場であっても礼儀として何かお礼をしておくのがマナーになります。
時期を見極めて渡してみるといいです。

 

スポンサーリンク