快気祝い 上司 お返し マナー

上司への快気祝いに関するお返しのマナーを紹介します

スポンサーリンク

 

日常生活を快適に過ごすために、多くの人が健康に対して十分に気を配っています。
それでも、予想もしないタイミングで体調を崩すことや病気を患うことは、誰の身にも起こる可能性のある事態です。

 

その結果、入院等をしている期間中にお見舞いを受け取った場合、退院後にお返しを行うことが社会的なマナーです。
こうしたお返しの習慣は、一般的に快気祝いと呼ばれています。

 

快気祝いは感謝の気持ちが最も大切ですから、基本的にお返しの内容に決まりがある訳ではありません。
つまり、どのようなお返しであっても、マナー違反と言うことはありません。

 

ただし、親族や友人等の親しい対手と違って、上司等の社会的立場が自分より上位の相手に対しては、社会的なマナーへの配慮が必要です。

 

お返しの気持ちを込めた快気祝いが上司に不快感を与えてしまうと、復帰後の社会生活で対人関係に困ることが増える恐れがあるからです。
したがって、上司への快気祝いは気軽に考えないで、慎重に選ぶことがマナーです。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いは、見舞いに来訪してくれたことと入院中に仕事を代行してくれたことの両方に感謝を表す目的があります。

 

また、相手側から既に受け取っている、見舞品へのお返しの意味もあります。

 

その際に、上司から現金をお見舞いとして受け取っている時、現金のお返しは返却に相当するのでマナー違反と思われるので厳禁です。
同様の趣旨で、上司の場合、商品券等の現金扱いの可能な品物は、マナーに反する恐れがあります。

 

医師の判断次第になりますから、避ける方が無難です。
つまり、上司に対する快気祝いは、現金を思い浮かべる品物を避けることが基本的なマナーです。

 

したがって、縁起面で災難を後に残さない意味合いから、消耗品が上司への快気祝いに最も適した選択です。
具体的には食べることでなくなってしまう食品類や、洗剤等の日常生活で欠かせない品物が挙げられます。

 

品質等は、受け取った金額に合わせた考慮は必要です。
しかし、過度に高額な品物を選ぶ必要はありません。

 

スポンサーリンク