快気祝い 郵送 配達 マナー

郵送で快気祝いを贈り品物が配達で届けられるときのマナー

スポンサーリンク

 

お見舞を受けた方や心配をかけてしまった方に、感謝の気持ちを伝えるのが快気祝いです。
それに、自分が元気になりましたということを知らせるという意味も持っています。

 

快気祝いを贈りたいけれど、何をどのように贈ればいいのかわからない方も多いかもしれません。
快気祝いを贈る前にマナーを身に着けて、失礼なことがないようにしましょう。

 

快気祝いを贈る時期は、退院して身体が本調子に戻ってからでも構いません。
退院した日から2週間以内がおおよその目安となっています。

 

急ぐ必要はないので、元気を取り戻してから贈るといいでしょう。
一般的なマナーとして、快気祝いは直に手渡すのが正しいとされています。

 

直接対面できるので口頭で感謝の言葉を伝えられます。
しかし、遠方に住んでいるなど、直接会えない方に対しては郵送でもマナー違反には当たりません。

 

ですが、品物が配達されただけでは感謝の気持ちを伝えることはできません。
郵送の場合は必ず配達される品物に、書き添えるのを忘れないようにしましょう。
配達される品物とともに、お礼状や感謝の言葉で気持ちを表現してください。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いは病のあとが残らず消えてなくなるようにと、消耗品を贈ることがマナーとなっています。
果物やスイーツ、紅茶やコーヒーといった食べ物や飲み物、洗剤や石鹸といった使いきれるものを選ぶといいでしょう。

 

品物は受け取ったお見舞の3分の1から、半額程度をお返しするのがマナーとされています。
郵送する快気祝いの品物は、同僚や友人なら金銭や商品券を贈るという選択肢もあります。

 

しかし、目上の方に金銭や商品券を贈ることは、マナーに反し失礼に当たるので郵送する品物選びには気をつけてください。
このため、最近は郵送でする品物にカタログギフトを選ぶ方が増えています。

 

カタログギフトなら金額が直接が表示されておらず、配達されたカタログの中から好みのものを選択していただけます。
さらに、配達の日取りにも注意が必要です。

 

相手方に配達される日は仏滅や友引でもいいので、こちらが郵送する日取りは吉日の大安を選んでください。
快気祝いは、感謝の気持ちが込められていれば配達で相手が受け取ることになっても失礼にはなりません。
郵送の際は、マナーを守って気持ちを伝えましょう。

 

スポンサーリンク