快気祝い ビール券 マナー

快気祝いにビール券を贈るのはマナー違反になるか

スポンサーリンク

 

病院に入院した際にお見舞いに来てくれた人やお見舞いの品をいただいた人には退院後にこれらのお礼として快気祝いを贈るのがマナーです。

 

また、快気祝いには現金を贈るのではなく、「病を洗い流す」又は「病を後に残さない」という縁起を担いで洗剤や石けんなどの日用品やお菓子の詰め合わせなどの食べたらなくなる品物を贈るのがマナーとされています。

 

快気祝いは退院又は床あげをしたらなるべく早く先方に届くように手配するのがマナーですが、できれば10日以内、遅くても1ヶ月以内には贈った方がよいとされています。
ただし、入院していた本人自らが快気祝いを贈る場合は体調の都合もあるので多少遅くなっても問題ありません。

 

また、快気祝いの場合は慶事なので友引の日に届くように手配してもマナー違反にはなりません。
入院中にお見舞いをいただいた場合はまずお礼状を出してお見舞いをいただいたお礼と体の回復具合などを伝え、それから快気祝いを贈るのがマナーです。

 

また、快気祝いの場合はのしの水引きは紅白の結び切りのものを使うのがマナーです。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いにビール券などの金券を贈るのは金額がわかるので相手に失礼という考えの人もいますが、近年ではそういったことを気にしない人が増えているので、ビール券などの金券を贈っても失礼ではないという考えが一般的になっています。

 

ただし、目上の人にビール券などの金券を贈ると相手がお金に困っているようなので失礼と考える人も少なくないので、目上の人には洗剤や石けん、食品類などの品物を贈る方がよいとされています。

 

基本的に快気祝いにビール券を贈ることは失礼な行為ではありませんが、お酒を飲めない未成年にビール券を贈ってもマナー違反となるので注意が必要です。

 

また、相手がお酒を飲むことができる20歳以上の成人だったとしても、ビールを飲む習慣がない人にビール券を贈るのは一種のマナー違反となります。

 

そのため、相手にビールを飲む習慣がないことがわかっている場合はビール券ではなく商品券やカタログギフト、日用品、食品類などを贈った方が相手に喜ばれます。

 

スポンサーリンク