快気祝い プレゼント 贈り物 マナー

快気祝いのプレゼントや贈り物のマナー

スポンサーリンク

 

快気祝いとは、病気からよくなったときに、お見舞いに来てくれた人やお見舞い金などをくれた人にお返しする贈り物のことをいいます。
快気祝いと退院祝いを混同している人が多いので注意が必要です。

 

快気祝いは入院したり病気にかかっていたりした側が用意するもので、退院祝いは退院した人に対して周囲が用意するものです。
快気祝いに贈るプレゼントや贈り物には一定のマナーがあります。

 

熨斗のかけ方にもマナーがあるので、失礼にならないように注意しなければなりません。
快気祝いによいプレゼントや贈り物とは、形に残らないものです。

 

病気を消しさるという願いを込めて贈るものでもあるためです。
特に洗い流すために使う洗剤やタオル、食べて消すことができる食品などがプレゼントや贈り物としてふさわしいといえます。

 

もらう家庭によって贈る物を変えるとさらに喜ばれマナーとしてもふさわしくなります。
金券類よりも物の方がマナーとしてはふさわしいとされているので、金券類やギフトカードも避ける方がよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

快気祝いのプレゼントや贈り物に熨斗をつけるときは、二度とあってほしくないお祝い事に使う結びきりの水引を選ぶのがマナーです。
病気から回復したこと自体はおめでたいのですが、その原因には病気があるため、二度とあってほしくないという意味を込めるのがよいのです。

 

快気祝いのプレゼントや贈り物を贈る時期としては、退院前後の慌ただしい時期を過ぎてからでかまいません。
体調が第一なので、だいたい落ち着いた一ヶ月くらい後でもかまわないでしょう。

 

プレゼントや贈り物の金額目安は、いただいた物や金額の半額から三分の一程度が目安です。
あまり高額だと形に残らないものを選ぶのも難しいので、カタログギフトなどと合わせて贈るとマナーとしてスマートです。

 

お見舞いだけだったり、連名で用意してくれたりした場合は、ちょっとしたお菓子や、小分けになっているお菓子などをプレゼントに用意するとよいでしょう。
負担になり過ぎないものを用意するのもマナーです。

 

スポンサーリンク